180°3D撮影もできる360°カメラ「Insta360 EVO」がSB C&Sから発売

2019.03.14 17:00 更新

2019.03.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SB C&S株式会社(本社:東京都港区)は2019年3月14日、3D撮影もできるShenzhen Arashi Vision(本社:中国)の360°カメラ「Insta360 EVO」について、新規取り扱い開始を発表した。予約受付は3月14日、発売は4月12日予定で、直販価格は税込56,570円。
  • 180°3D撮影もできる360°カメラ「Insta360 EVO」がSB C&Sから発売
  • 180°3D撮影もできる360°カメラ「Insta360 EVO」がSB C&Sから発売

ジンバルを使わずに手ブレを抑える最新技術「FlowState」搭載

Shenzhen Arashi Visionの360°カメラ「Insta360」シリーズの新製品。2機の魚眼レンズを搭載し、本体は折りたたみ式を採用。広げた状態なら180°の3D撮影が、折りたたんだ状態なら360°の全方向撮影が可能になるというもの。

また動画・静止画のいずれにも対応する最新手ブレ補正機能「FlowState」を標準装備。ジンバルなどの手ブレを抑える機器を使わなくても、なめらかに動く映像を撮影できるようになった。

CINEVOXA_main_02 CINEVOXA_main_04

静止画の解像度は6,080×3,040ドット(約1,800万画素)、ISO感度は100~3,200、ファイル形式はinsp、dng、jpg。動画解像度は5,760×2,880(30fps)、3,840×1,920(50fps/30fps)、3,008×1,504(100fps)、ビットレート最大10Mbps、ISO感度100~3,200、コーディックはH.264、ファイル形式はinsv、mp4。

センサーは6軸ジャイロスコープ、ネットワークはIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LANとBluetooth 4.0に対応。バッテリー容量は1,200mAh、駆動時間は65分、充電時間は90分。本体サイズは、180°3D撮影モード時がW98.4×D26.27×H49mm、360°撮影モード時がW50.3×D52.54×H49mm、重量約113g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
SB C&S株式会社: https://cas.softbank.jp/

totop