Samsung、スマートフォンをさらに大容量化させるLPDDR4X 12GBメモリを量産開始

2019.03.14 10:37 更新

2019.03.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Samsung Electronics Co., Ltd,(本社:韓国)は2019年3月13日(現地時間)、業界初となるLPDDR4X 12GBのモバイル向けDRAMについて、量産の開始を発表した。
  • Samsung、スマートフォンをさらに大容量化させるLPDDR4X 12GBメモリを量産開始

超薄型ノートPCを上回る大容量を実現する、最先端のモバイル向けDRAM

Samsung、次世代スマートフォンに対応するための大容量モバイルDRAM を発売
http://www.samsung.com/

Samsungより、業界初となる大容量モバイルDRAMの量産開始がアナウンス。ハイエンドスマートフォン向けに最適化された、LPDDR4X 12GBのDRAMが量産体制に移行した。

これにより、Samsungは「ほとんどの超薄型ノートPC以上の大容量をスマートフォンで実現する」と発表。すでに量産が開始されている512GB eUFS 3.0ストレージを組み合わせ、次世代スマートフォンのすべての機能を最大限に活用することを狙う。なお、新しい12GB DRAMを内蔵することで、5台以上のカメラと従来比2倍の画面サイズをサポート、AIや5Gなどの最先端機能を最大限に引き出すことが可能という。

12GB DRAMは、第2世代の10nmクラス(1y-nm)プロセスに基づく16Gbチップ6基を単一のパッケージに搭載。データ転送速度34.1GB/secを実現しつつ、DRAM容量増加に伴う消費電力の増加は最小限に抑えられている。

なお、韓国Pyeongtaekに設けられた最先端メモリラインでは、2019年後半には1y-nmプロセスベースの8GBおよび12GB DRAMの供給量を3倍以上に増やす予定という。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Samsung Electronics Co., Ltd,: http://www.samsung.com/

totop