ラトック、4K60Hz/HDR対応の低価格HDMI切替器など計5モデル

2019.03.12 17:00 更新

2019.03.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ラトックシステム株式会社(本社:大阪市浪速区)は2019年3月12日、4K60Hz/HDR対応のエントリーHDMI切替器「RS-HDSW31-4K」「RS-HDSW51-4K」、HDMI分配器「RS-HDSP2P-4K」「RS-HDSP4P-4K」、4Kアップコンバータ「RS-HD2UP-4K」を発表した。いずれも3月下旬より出荷が開始され、価格は税抜4,400円から。
  • ラトック、4K60Hz/HDR対応の低価格HDMI切替器など計5モデル
  • ラトック、4K60Hz/HDR対応の低価格HDMI切替器など計5モデル

エントリークラスのHDMI切替器・分配器・アップコンバータ

RS-HDSW31-4K 市場想定売価税抜4,400円前後(3月下旬出荷開始)
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/hdsw314k.html
RS-HDSW51-4K 市場想定売価税抜6,600円前後(3月下旬出荷開始)
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/hdsw514k.html
RS-HDSP2P-4K 市場想定売価税抜7,600円前後(3月下旬出荷開始)
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/hdsp2p4k.html
RS-HDSP4P-4K 市場想定売価税抜9,800円前後(3月下旬出荷開始)
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/hdsp4p4k.html
RS-HD2UP-4K 市場想定売価税抜6,600円前後(3月下旬出荷開始)
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/hd2up4k.html

「RS-HDSW31-4K」「RS-HDSW51-4K」は、4K60Hz/HDR10に対応するHDMI切替器。PCやPS4 Proなど、複数のHDMI機器を1台の液晶ディスプレイやテレビ、プロジェクターで切り替えて出力することができる。

入力信号は本体上部ボタンまたは、専用リモコンで即座に変更可能。また外部電源を使用することで、バスパワー駆動モデルのように電力不足になる心配がなく、安定動作を可能にした。

3入力1出力に対応する「RS-HDSW31-4K」のスペックは、ビデオアンプ帯域18Gbps、ピクセルクロック600MHz、消費電流最大470mA、本体サイズはW82×L58×H18mm、重量約60g。5入力1出力に対応する「RS-HDSW51-4K」のスペックは、ビデオアンプ帯域18Gbps、ピクセルクロック600MHz、消費電流最大620mA、本体サイズはW82×L58×H18mm、重量約60g。

hdsp2p4k_1024x768a hdsp4p4k_1024x768a
RS-HDSP2P-4K RS-HDSP4P-4K

「RS-HDSP2P-4K」「RS-HDSP4P-4K」は、1系統のHDMI信号を複数の液晶ディスプレイやテレビ、プロジェクターに出力できるHDMI分配器。

映像信号は4K60Hz/HDR10、オーディオはドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオに対応し、HDMI-DVI変換コネクタを使えばDVIディスプレイにも出力することができる。

1入力2出力に対応する「RS-HDSP2P-4K」のスペックは、ビデオアンプ帯域18Gbps、ピクセルクロック600MHz、消費電流最大675mA、本体サイズはW116×L55×H19mm、重量約160g。1入力4出力に対応する「RS-HDSP4P-4K」のスペックは、ビデオアンプ帯域18Gbps、ピクセルクロック600MHz、消費電流最大1,160mA、本体サイズはW69×L155×H23mm、重量約230g。

hd2up4k_1024x768a RS-HD2UP-4K

「RS-HD2UP-4K」は、480i/p ~1080pまでの映像を4K解像度にアップスケーリングするアップコンバータ。入力映像の対応解像度は、1080p(フルHD画質)、720p(HD画質)、480p/480i(SD画質)で、4K非対応のコンテンツを、4Kテレビ/ディスプレイで鮮明に表示させることができる。

インターフェイスはHDMI入力×1、HDMI出力×1。消費電流は最大265mA、本体サイズはW55×L60×H20mm、重量約40g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ラトックシステム株式会社: http://www.ratocsystems.com/

totop