Cooler Master、デュアルチャンバーヘッド採用の水冷ユニットにRyzen TR専用モデル追加

2019.03.11 17:19 更新

2019.03.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Cooler Master Technology(本社:台湾)は2019年3月11日、「デュアルチャンバーヘッド」構造を採用するSocket TR4専用オールインワン水冷ユニット「MasterLiquid ML RGB TR4 Edition」シリーズについて、国内市場向け取り扱い開始を発表した。ラジエターサイズは240mmと360mmで、いずれも3月15日より発売が開始される。
  • Cooler Master、デュアルチャンバーヘッド採用の水冷ユニットにRyzen TR専用モデル追加
  • Cooler Master、デュアルチャンバーヘッド採用の水冷ユニットにRyzen TR専用モデル追加

ラジエターサイズは240mmと360mmの2モデルがラインナップ

MasterLiquid ML240 RGB TR4 Edition(型番:MLX-D24M-A20PC-T1) 
市場想定売価税抜12,280円(3月15日発売)
https://apac.coolermaster.com/jp/company/newsDetail-jp19031100030d0b-20190311.html
https://apac.coolermaster.com/jp/cooling/cpu-liquid-cooler/masterliquid-ml240-rgb-tr4/
MasterLiquid ML360 RGB TR4 Edition(型番:MLX-D36M-A20PC-T1) 
市場想定売価税抜14,980円(3月15日発売)
https://apac.coolermaster.com/jp/company/newsDetail-jp19031100030d0b-20190311.html
https://apac.coolermaster.com/jp/cooling/cpu-liquid-cooler/masterliquid-ml360-rgb-tr4/

2層構造ウォータブロック「デュアルチャンバーヘッド」を採用する、Cooler Masterのオールインワン水冷ユニット「MasterLiquid ML RGB」シリーズに、Ryzen Threadripper専用モデルが登場した。

Ryzen Threadripperのヒートスプレッダ全体をカバーできるよう大型の銅製受熱ベースを採用するのが特徴。製品ラインナップは240mmラジエターの「MasterLiquid ML240 RGB TR4 Edition」と、360mmラジエターの「MasterLiquid ML360 RGB TR4 Edition」の計2モデルが用意される。

MasterLiquid ML240_RGB_TR4_1024x768a MasterLiquid ML360_RGB_TR4_1024x768a
MasterLiquid ML240 RGB TR4 Edition MasterLiquid ML360 RGB TR4 Edition

また冷却ファンとウォーターヘッドのトップにはRGB LEDイルミネーションを搭載。メーカー各社のマザーボードユーティリティの他、付属のRGBコントローラでもモードやカラー、輝度を調整できる。

MasterLiquid ML240_RGB_TR4_1024x768c MasterLiquid ML240_RGB_TR4_1024x768d

冷却ファンは口径120mmの「MF120R RGBファン」で、回転数は650~2,000rpm、風量66.7CFM、風圧2.34mmH2O、ノイズレベル6~30dBA、MTTF160,000時間。ウォータブロックのサイズは86×70×49mm、MTTF70,000時間で、ノイズレベルは15dBA。

ラジエターサイズは「MasterLiquid ML240 RGB TR4 Edition」が277×119.6×27mm、「MasterLiquid ML360 RGB TR4 Edition」が394×119×27.2mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Cooler Master Technology: http://apac.coolermaster.com/jp/

totop