ツクモ、センチュリーマイクロと共同開発した「G-GEARメモリ」をBTOオプションに追加

2019.03.08 09:51 更新

2019.03.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
TSUKUMOブランドを展開する株式会社Project White(本社: 群馬県高崎市)は2019年3月8日、センチュリーマイクロと共同開発したオーバークロックメモリ「G-GEARメモリ」をBTOカスタマイズオプションとして追加することを発表した。
  • ツクモ、センチュリーマイクロと共同開発した「G-GEARメモリ」をBTOオプションに追加

標準で2,933MHz、XMPで3,200MHzに設定可能

TSUKUMO、国産オーバークロックメモリ「G-GEARメモリ」をBTO/カスタマイズオプションとして販売開始
https://www.tsukumo.co.jp/release/1903gmemory.html

ツクモは、産業用メモリの製造・販売を手がけるセンチュリーマイクロと共同開発した国産のオーバークロックメモリ「G-GEARメモリ」のBTOカスタマイズオプション販売を本日3月8日より開始する。

開発にあたっては基板設計から検討が行われ、パフォーマンスのチューニングおよび両社で動作検証を実施。さらにメモリ出荷時の全数実機検査と、PCの出荷前検査を行うことで、性能と品質を保証している。

メモリのスペックは容量が8GB、標準仕様がPC4-23400/DDR4-2933(1.2V)で、カスタマイズオプションとしては16GB(8GB×2)または32GB(8GB×4)を選択可能。なおサポートの対象外にはなるが、XMPプロファイルにはPC4-25600/DDR4-3200(1.2V)の設定も用意されている。

またツクモでは「G-GEARメモリ」の発売を記念して、G-GEARシリーズ3モデルおよび、G-GEAR neoシリーズ6モデルで、「G-GEARメモリ」へのカスタマイズが+500円で選択できる「G-GEARメモリ発売記念キャンペーン」も開催中だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社Project White(ツクモ): http://www.tsukumo.co.jp/

totop