サンワサプライ、次世代通信40Gネットワークに対応するカテゴリ8 LANケーブル発売

2019.03.07 10:18 更新

2019.03.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区)は2019年3月7日、業界最速クラスとなる40Gbpsネットワークに対応するカテゴリ8 LANケーブル「KB-T8 BL」シリーズを発表した。即日発売が開始され、長さは0.5m~10m。
  • サンワサプライ、次世代通信40Gネットワークに対応するカテゴリ8 LANケーブル発売
  • サンワサプライ、次世代通信40Gネットワークに対応するカテゴリ8 LANケーブル発売

カテゴリ5eの20倍、カテゴリ6の8倍の帯域を実現

KB-T8 BLシリーズ(3月7日発売)
KB-T8-005BL 市場想定売価税抜2,600円
KB-T8-01BL 市場想定売価税抜3,200円
KB-T8-02BL 市場想定売価税抜4,400円
KB-T8-03BL 市場想定売価税抜5,500円
KB-T8-05BL 市場想定売価税抜7,900円
KB-T8-10BL 市場想定売価税抜13,800円
https://www.sanwa.co.jp/news/201903/kb-t8/index.html
https://www.sanwa.co.jp/search/cate_list.asp?cate_id=001032075028

次世代ネットワークケーブル規格のカテゴリ8に対応したLANケーブル。将来を見越して使い続けられるハイスペックモデルのため、社内基幹システムなどの重要なネットワーク回線用LANケーブルに向く。

EIA認証の高品質ケーブルと、プラグ内のより戻しを極限まで抑えることで、伝送帯域は現在主流のカテゴリ5eの20倍、カテゴリ6の8倍となる2,000MHzを実現。次世代イーサネット40GBASE-T(40Gbps)に完全対応する。

またギガビット以上の速度で通信する場合、複数本のLANケーブルを束ねると、お互いに干渉する「エイリアンクロストーク」が発生して大幅に性能が低下してしまう。そこで「KB-T8 BL」シリーズでは、各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造を採用。電波・受信障害を引き起こすノイズを抑え、複数本を束ねた状態でも使用できるようになった。

KB-T8-10BL_FT2L

その他、100WまでのPoEに対応する極太のAWG22芯線や、弾力性に優れたPVC(ポリ塩化ビニル)製ツメ折れ防止カバー、サビに強く信号劣化の少ない金メッキコネクタ、難燃性規格CMRに合格した難燃性素材などを採用する。

ケーブル長は0.5m、1m、2m、3m、5m、10mの6種類。ケーブル径は8.6mmで、ケーブルカラーはブルーのみ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
サンワサプライ株式会社: https://www.sanwa.co.jp/

totop