最大出力100W、AC出力を搭載する汎用モバイルバッテリー「Omnicharge +」シリーズ

2019.02.12 21:11 更新

2019.02.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
シネックスジャパン株式会社(本社:東京都江東区)は2019年2月12日、Omnicharge Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州)のAC出力対応モバイルバッテリー「Omnicharge +」シリーズおよび、充電ステーション「Omni Station +」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。
  • 最大出力100W、AC出力を搭載する汎用モバイルバッテリー「Omnicharge +」シリーズ

最大10台のバッテリーを同時充電できる充電ステーションも同時リリース

Omnicharge +シリーズ(3月29日発売)
Omni 13 + 市場想定売価税込18,144円
Omni 20 + 市場想定売価税込25,704円
Omni 20 + USB-C 市場想定売価税込21,384円
Omni Station +シリーズ
Omni Power Station + 5X 市場想定売価税込250,344円(3月29日発売)
Omni Power Station + 10X 市場想定売価税込438,264円(3月11日発売)
https://www.synnex.co.jp/news/20190212_omnicharge

豊富な充電ポートを備えるOmnichargeブランドの大容量モバイルバッテリー「Omnicharge +」シリーズの国内発売が3月29日より開始される。

「Omni 13 +」は、バッテリー容量13,600mAh(49Wh@3.6V)、最大出力65Wまで対応。インターフェイスはAC出力×1、USB Type-C×1、USB Type-A×2で、本体サイズは131×84×22mm、重量405g。

omni20_1000x750a omni20_c_1000x750
Omni 20 + Omni 20 + USB-C

「Omni 20 +」は、バッテリー容量20,400mAh(73Wh@3.6V)、最大出力100Wまで対応。インターフェイスはAC出力×1、USB Type-C×1、USB Type-A×2、DC入力&出力×1、Qiワイヤレス給電ポートで、本体サイズは127×122×27mm、重量611g。

「Omni 20 + USB-C」は、バッテリー容量20,100mAh(72.3Wh@3.6V)、最大出力100Wまで対応。インターフェイスはUSB Type-C×1、USB Type-A×2、USB Type-Cハブ×1、Qiワイヤレス給電ポートで、本体サイズは127×122×27mm、重量503g。

omnicharge_355x266a omnicharge_355x266b
「Omni Station +」シリーズ

また「Omni 20」シリーズを同時に充電できる充電ステーション「Omni Station +」シリーズも同時リリース。バッテリーの管理はクラウド経由で行うことができ、本体にはSIMカードを搭載。LANのない環境でもクラウド上でバッテリーのロック/アンロックが可能なため、自治体の非常用電源供給手段としても活用できる。

製品ラインナップは、最大5台まで対応する「Omni Power Station + 5X」と、最大10台まで対応する「Omni Power Station + 10X」の2モデルが用意される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
シネックスジャパン株式会社: https://www.synnex.co.jp
Omnicharge Inc.: https://www.omnicharge.jp/

totop