Philips、広視野角VAパネル採用の32インチWQHD液晶「326E8FJSB/79」

2019.02.12 19:00 更新

2019.02.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Koninklijke Philips N.V.,(本社:オランダ)は2019年2月11日(現地時間)、水平/垂直176°の広視野角VAパネルを採用する32インチWQHD液晶ディスプレイ「326E8FJSB/79」を発表した。
  • Philips、広視野角VAパネル採用の32インチWQHD液晶「326E8FJSB/79」
  • Philips、広視野角VAパネル採用の32インチWQHD液晶「326E8FJSB/79」

垂直同期技術はAMD FreeSyncに対応

水平/垂直176°の広視野角VAパネルを採用した32インチWQHD(2,560×1,440ドット)液晶ディスプレイ。応答速度は5msで、垂直同期技術はAMD FreeSyncをサポートする。

また眼精疲労の原因とされるブルーライトを抑える「LowBlueMode」や、LEDバックライトのチラツキを抑える「FlickerFree」、ゲーマー向けに最適化されたプリセット「SmartImage GameMode」などの独自機能を搭載する。

主なスペックは、輝度250cd/㎡、コントラスト比3,000:1(スマートコントラスト時2千万:1)、表示色10億7千万色、リフレッシュレートは75Hz。インターフェイスはD-Sub×1、DVI-D×1、DisplayPort×1、HDMI×1、オーディオ出力×1で、スピーカーは非搭載。

消費電力は標準時51W、スタンバイモード時0.5W未満、オフモード時0.3W未満。スタンドは-5~20°チルトに対応し、本体サイズはW731×D223×H529mm、重量6.77kg。MTBFは5万時間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Koninklijke Philips N.V.,: http://www.p4c.philips.com/

totop