KontronのCOM ExpressボードPC 2種が128GBの大容量メモリに対応

2019.02.12 12:01 更新

2019.02.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Kontron(本社:ドイツ)は2019年2月7日(現地時間)、COM Express対応ボードPC「COMe-bDV7」「COMe-bCL6」が、最大128GBの大容量メモリに対応したことを発表した。
  • KontronのCOM ExpressボードPC 2種が128GBの大容量メモリに対応
  • KontronのCOM ExpressボードPC 2種が128GBの大容量メモリに対応

125×95mmのCOM ExpressボードPCが最大128GBの大容量メモリに対応

Kontron COM Express Modules with Intel Atom, Intel Core, and- Intel Xeon E Processors now with up to 128 GB Memory
https://www.kontron.com//about-kontron/news-events/detail/190207_come-bcl6_32gb_sodimm

Kontronは、基板サイズ125×95mmのCOM ExpressボードPC 2種が最大128GBの大容量メモリに対応したことを発表した。

今回アナウンスされたのは、Atom C3000シリーズと4系統の10ギガビットLANを搭載する「COMe-bDV7」と、モバイル版の第8世代Core i/Xeon Eシリーズをオンボードで搭載する「COMe-bCL6」の2モデル。

いずれもメモリスロットはDDR4-SODIMM×2で、オプションでDDR4-SODIMM×4の構成にも対応。さらに従来の2倍となる1枚あたり32GBのDDR4-SODIMMメモリを新たにサポートしたことで、最大128GBの大容量メモリを搭載できるようになった。

これにより、特にパフォーマンスが必要になるデジタルサイネージや、ハイエンドゲーミングシステム、医用画像処理、監視・セキュリティ、工業プラント、ロボット制御端末などのシステムをよりコンパクトに実現できるとしている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Kontron: http://www.kontron.com/

totop