トリプルギガビットLANを搭載するMini-ITXマザー、Kontron「mITX-CFL-S」

2019.02.12 11:22 更新

2019.02.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Kontron(本社:ドイツ)は2019年2月11日(現地時間)、IntelチップによるトリプルギガビットLANを搭載する、Coffee Lake-S対応Mini-ITXマザーボード「mITX-CFL-S」を発表した。
  • トリプルギガビットLANを搭載するMini-ITXマザー、Kontron「mITX-CFL-S」

Coffee Lake-S対応のMini-ITXマザーボード

Intel I219-LM/I210-AT/I211-ATのトリプルギガビットLANを搭載するMini-ITXマザーボード。チップセットはIntel Q370/C246/C242を採用し、Coffee Lake-S世代のCore iまたはXeon Eシリーズに対応する。

ディスプレイ出力はDisplayPort×2、HDMI×1、eDP×1の4系統で、内蔵グラフィックスによるトリプルディスプレイの構築が可能。またRS232/422/485×2(リア)、RS232×2(ピンヘッダ)のシリアルポートも搭載しており、産業オートメーション、プロセス制御、スモールビジネス、ストレージサーバー、各種ワークステーション、メディアトランスコード、エッジコンピューティングなど、幅広いシステムで利用できる。

主なスペックはメモリスロットがDDR4-2666×2(ECC対応)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×2、M.2 2280×1、M.2 2242×1、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、M.2 2230×1、SIMカードスロット×1を備えた。

オーディオチップはRealtek ALC662、基板サイズは170×170mm。

  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel Q370/C246/C242
  • フォームファクタ:Mini-ITX
  • メモリスロット:DDR4-2666×2(ECC対応)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1、M.2 2230×1、SIMカードスロット×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×2、M.2 2280×1、M.2 2242×1
  • LAN:ギガビットLAN×3(Intel I219-LM/I210-AT/I211-AT)
  • サウンド:HDオーディオ(Realtek ALC662)
  • リアインターフェイス:USB3.1/3.0×6、RS232/422/485×2、ギガビットLAN×3、HDMI×1、DisplayPort×2
  • 外形寸法:170×170mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Kontron: http://www.kontron.com/

totop