雪の日歩いたら使いたい、脱臭もできる靴用乾燥機「シュードライヤー」サンコーから

2019.02.08 14:00 更新

2019.02.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
サンコー株式会社(本社:東京都千代田区)は2019年2月7日、オゾン発生機能がついた靴用乾燥機「シュードライヤー」を発売した。直販価格は税込2,980円。
  • 雪の日歩いたら使いたい、脱臭もできる靴用乾燥機「シュードライヤー」サンコーから
  • 雪の日歩いたら使いたい、脱臭もできる靴用乾燥機「シュードライヤー」サンコーから

最大50℃で内部までしっかり乾燥。オゾンによる消臭効果も

シュードライヤー(型番:CSHODYOZ) 直販価格税込2,980円(発売中)
https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003234

雨や雪の日に濡れてしまった靴を乾燥させる、靴用乾燥機の「シュードライヤー」がサンコーから発売。オゾン発生機能による消臭効果もあり、乾燥させると同時に靴のニオイ取りができる。

CSHODYOZ_1000x750c CSHODYOZ_1000x750d

伸びた2本のアームが靴の内部に温風を送り込み、手早く乾燥させる構造。アームは伸縮可能なため、子供用の靴から長めのブーツまで、幅広く対応する。靴以外にヘルメットの乾燥にも使用可能だ。なお、乾燥温度は40~50℃。

また、革靴などのデリケートな素材を長時間乾燥で傷めないために、99分までのタイマー機能を搭載。深夜など空いた時間に乾燥させることができる、最大24時間の予約機能も備えている。

折りたたみ可能な本体は、外形寸法W170×D265×H80mm、重量923g。電源はコンセントからの給電で、ケーブル長は150cm。防水仕様ではない点には注意。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
サンコー株式会社: https://www.thanko.jp/

totop