MSI、TRI-FROZR搭載のRTX 2080「GeForce RTX 2080 GAMING TRIO」

2019.02.08 11:09 更新

2019.02.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2019年2月8日、「TRI-FROZR」を搭載するGeForce RTX 2080グラフィックスカード「GeForce RTX 2080 GAMING TRIO」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は2月9日で、市場想定売価は税抜104,800円。
  • MSI、TRI-FROZR搭載のRTX 2080「GeForce RTX 2080 GAMING TRIO」
  • MSI、TRI-FROZR搭載のRTX 2080「GeForce RTX 2080 GAMING TRIO」

100mm×2、90mm×1の3基の「トルクスファン3.0」を搭載

GeForce RTX 2080 GAMING TRIO 市場想定売価税抜104,800円(2月9日発売)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-RTX-2080-GAMING-TRIO

100mm×2、90mm×1の3基の「トルクスファン3.0」を備えたオリジナルクーラー「TRI-FROZR」を搭載する、GeForce RTX 2080グラフィックスカード。「GeForce RTX 2080 GAMING X TRIO」の下位モデルにあたる製品で、最大ブーストクロックが1,800MHzに引き下げられている。

基本設計に変更はなく、電力供給を強化し、安定性を重視したオリジナル基板を採用。また60℃を超えるとファンを回転、56℃を下回るとファンの回転を停止するセミファレス機能「ZERO FROZR」や、周辺機器との統一したイルミネーションを楽しめる「Mystic Light Sync」などの機能を搭載する。

GeForce_RTX_2080_GAMING_TRIO_1024x768c

主なスペックは、メモリスピード14Gbps、メモリバス幅256bitで、ビデオメモリはGDDR6 8GBを搭載。出力インターフェイスはDisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1、USB Type-C×1を備え、最大4画面の同時出力が可能だ。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、補助電源コネクタは8pin×2、消費電力は260W。カードサイズは327×140×55.6mm、重量1,533g。

GeForce_RTX_2080_GAMING_TRIO_1024x402c
  • GPU:GeForce RTX 2080
  • CUDA数:2,944基
  • コアブーストクロック:1,800MHz
  • メモリクロック:14Gbps
  • ビデオメモリ:GDDR6 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort×3、HDMI×1、USB Type-C×1
  • VGAクーラー:「TRI-FROZR」
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×2
  • 外形寸法:327×140×55.6mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://jp.msi.com/

totop