ロープロファイル対応のGTX 1050 Ti OCモデル、ASUS「GTX1050TI-O4G-LP-BRK」

2019.02.07 11:00 更新

2019.02.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2019年2月7日、ロープロファイルに対応するGeForce GTX 1050 Tiグラフィックスカード「GTX1050TI-O4G-LP-BRK」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売日は2月8日で、市場想定売価は税込25,000円前後。
  • ロープロファイル対応のGTX 1050 Ti OCモデル、ASUS「GTX1050TI-O4G-LP-BRK」
  • ロープロファイル対応のGTX 1050 Ti OCモデル、ASUS「GTX1050TI-O4G-LP-BRK」

コアクロックはGaming ModeとOC Modeの2段階に切り替え可能

GTX1050TI-O4G-LP-BRK 市場想定売価税込25,000円前後(2月8日発売)
https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/GTX1050TI-O4G-LP-BRK/

ブラケットを交換することでロープロファイルに対応するGeForce RTX 1050 Tiグラフィックスカード。VGAクーラーはオリジナルデュアルファンクーラーで、裏面にはバックプレートを搭載する。

またクーラーを除く全てのパーツの取り付けを自動化した「オートエクストリームテクノロジー」と、「Super Alloy Power II」に準拠した高品質コンポーネントを採用することで、信頼性と耐久性を高めた。

コアクロックはGaming Mode(デフォルト)がベースクロック1,303MHz、ブーストクロック1,417MHzで、付属のソフトウェアでOC Modeを選択するとそれぞれ1,328MHz、1,442MHzに引き上げることが可能。その他、メモリクロックは7,008MHz、メモリバス幅128bitで、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載する。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1、補助電源コネクタは非搭載で、カードサイズはW182×D70×H41mm。

GTX1050TI-O4G-LP-BRK_1000x750c
  • GPU:GeForce GTX 1050 Ti
  • CUDA数:768基
  • コアベースクロック:1,303MHz/1,328MHz
  • コアブーストクロック:1,417MHz/1,442MHz
  • メモリクロック:7,008MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 4GB
  • メモリバス幅:128bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1
  • VGAクーラー:オリジナルデュアルファンクーラー
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:非搭載
  • 外形寸法:W182×D70×H41mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: http://www.asus.com/jp/

totop