SATAドライブをUSB3.1 Gen.2接続できるアダプタ、サンワサプライ「USB-CVIDE7」

2019.02.06 11:07 更新

2019.02.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区)は2019年2月6日、SATAドライブをUSB3.1 Gen.2接続できる変換アダプタ「USB-CVIDE7」を発表した。即日発売が開始され、市場想定売価は税抜8,800円。
  • SATAドライブをUSB3.1 Gen.2接続できるアダプタ、サンワサプライ「USB-CVIDE7」
  • SATAドライブをUSB3.1 Gen.2接続できるアダプタ、サンワサプライ「USB-CVIDE7」

専用ACアダプタ付属で3.5インチドライブにも対応

「USB-CVIDE7」は、SATAドライブを帯域幅10GbpsのUSB3.1 Gen.2接続できる変換アダプタ。本体のコネクタはType-Cで、Type-C – Type-CとType-C – Type-Aの2本のケーブルが付属するため、デスクトップPCだけでなくType-CしかないスリムノートPCなどでも使用できる。

USB-CVIDE7_1024x768c USB-CVIDE7_1024x768d

ストレージインターフェイスはSATA3.0(6Gbps)、容量は最大8TBまでサポートし、付属のACアダプタを使えば消費電力の大きい3.5インチHDDも接続可能。OSはWindows 10/8.1/7に対応し、いずれもドライバのインストールは不要だ。

本体サイズはW71.6×D29.3×H13mm、ケーブル長は0.9m。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
サンワサプライ株式会社: https://www.sanwa.co.jp/

totop