be quiet!のコンパーチブルミドルタワー「Dark Base 700」にホワイトモデル登場

2019.02.06 10:30 更新

2019.02.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
be quiet!(本社:ドイツ)は2019年2月5日(現地時間)、モジュラー構造を採用するミドルタワーPCケース「Dark Base 700」のホワイトモデル「Dark Base 700 White Edition」を発表した。
  • be quiet!のコンパーチブルミドルタワー「Dark Base 700」にホワイトモデル登場
  • be quiet!のコンパーチブルミドルタワー「Dark Base 700」にホワイトモデル登場

倒立配置もできるモジュラー構造を採用

ほぼ全てのコンポーネントを取り外すことができる、モジュラー構造を採用したミドルタワーPCケースbe quiet!「Dark Base 700」に、ホワイトカラーのバリエーションモデルが追加された。

マザーボードトレイの固定位置は標準配置の右側面に加え、左側面の倒立配置にも対応するコンパーチブル仕様。さらにサイドパネルの1枚は強化ガラス製で、設置場所を選ばず内部のドレスアップを楽しむことができる。

darkbase700le_1024x768c

主なスペックは、冷却ファンがフロント140/120mm×2(140mmファン×1標準)、トップ120/140mm×3、リア120/140mm×1(140mmファン×1標準)、ボトムカバー120/140mm×1。ドライブベイは3.5インチシャドウベイ×3(出荷時)、2.5インチシャドウベイ×9(出荷時)で、オプションアクセサリーを使えば3.5インチドライブは7台、2.5インチドライブなら17台まで搭載できる。

darkbase700le_1024x768d

I/Oポートは、USB3.1 Gen.2 Type-C×1、USB3.0×2、HDオーディオ端子×2。拡張スロットは7+2段で、有効スペースはグラフィックスカードが長さ286mm(HDDケージ搭載時)/430mm(非搭載時)、CPUクーラーが全高180mm、電源ユニットが長さ285mm(ボトムファン搭載時は240mm)。

本体サイズはW241×D544×H519mm、重量13.25kg。対応フォームファクタはE-ATX(305×275mmまで)、ATX、MicroATX、Mini-ITX。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
be quiet!: http://www.bequiet.com/

totop