80PLUS TITANIUM認証の最上位クラス電源ユニット、CORSAIR「AX TITANIUM」シリーズ

2019.02.01 00:01 更新

2019.02.01 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
CORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)および株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2019年2月1日、優れた電圧制御を実現する80PLUS TITANIUM認証電源ユニット「AX TITANIUM」シリーズ2モデルについて、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。ラインナップは850Wモデルと1,000Wモデルで、発売は2月9日の予定。
  • 80PLUS TITANIUM認証の最上位クラス電源ユニット、CORSAIR「AX TITANIUM」シリーズ
  • 80PLUS TITANIUM認証の最上位クラス電源ユニット、CORSAIR「AX TITANIUM」シリーズ

10年保証の上質な電源ユニット

AX850 TITANIUM(型番:CP-9020151-JP) 市場想定売価税抜35,000円(2月9日発売)
AX1000 TITANIUM(型番:CP-9020152-JP) 市場想定売価税抜42,000円(2月9日発売)
https://www.ask-corp.jp/products/corsair/power-supply/ax-titanium.html
https://www.links.co.jp/item/ax-titanium/

CORSAIR最上位クラス「AX TITANIUM」シリーズに属する容量850W/1,000W電源ユニット。いずれも日本メーカー製105℃コンデンサを採用し、電圧制御と低リップルノイズにより、システムの安定性を図った。また80PLUS TITANIUM認証による高効率と、135mm口径流体軸受けファンにより、低負荷時には冷却ファンの回転を停止する「Zero RPM Fan Mode」に対応。静音性の高さも特徴のひとつ。

ax850_1024x768a

ケーブルはフルモジュラー式で、コネクタは20+4pinx1、4+4pin ATX12Vx2、6+2pin PCIex6(1,000Wモデルはx8)、SATA 15pinx16、4pinペリフェラルx6(同x8)、4pin FDDx1。

ax850_1024x768c ax1000_1024x768b

電源規格はATX12V Ver2.4で、出力は850Wで+3.3Vが20A、+5Vが20A、+12Vが70の1系統、-12Vが0.3A、+5VSBが3A。1,000Wは+3.3Vが25A、+5Vが25A、+12Vが83Aの1系統、-12Vが0.3A、+5VSBが3A。

外形寸法はW150xD170xH86mm、重量約2kg。製品保証は10年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
CORSAIR: https://www.corsair.com/
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp

totop