世界初の7nmプロセス採用ゲーミングGPU搭載、SAPPHIRE「Radeon VII 16G HBM2」

2019.01.24 10:31 更新

2019.01.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SAPPHIRE TECHNOLOGY LIMITED(本社:香港)は2019年1月23日(現地時間)、AMDの最新GPU Radeon VIIを採用するグラフィックカード「Radeon VII 16G HBM2」を発表した。
  • 世界初の7nmプロセス採用ゲーミングGPU搭載、SAPPHIRE「Radeon VII 16G HBM2」
  • 世界初の7nmプロセス採用ゲーミングGPU搭載、SAPPHIRE「Radeon VII 16G HBM2」

ホワイトデザインの3連ファンクーラー搭載

AMDの最新GPU Radeon VIIを採用するグラフィックカード「Radeon VII 16G HBM2」がSAPPHIREからリリースされた。

ゲーミング向けGPUでは世界初となる、7nmプロセスで製造されているのが特徴。またHBM2 16GBの大容量メモリと、1TB/secの広大なメモリ帯域を実現しており、4K HDRの超高解像度環境でも高画質設定でゲームができるという。

Sapphire_RVII_700x525d Sapphire_RVII_700x525e

VGAクーラーは2スロット占有のトリプルファンクーラーで、ストリームプロセッサは3,840基、Compute Unit 60基、ベースクロック1,400MHz、ブーストクロック1,750MHz、メモリクロック2,000MHzで、メモリバス幅は4,096bit。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはHDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3、補助電源コネクタは8pin×2。本体サイズはW120×L268×H42mm、消費電力は300W。

Sapphire_RVII_700x525c
  • GPU:Radeon VII
  • SP数:3,840基
  • コアベースクロック:1,400MHz
  • コアブーストクロック:1,750MHz
  • メモリクロック:2,000MHz
  • ビデオメモリ:HBM2 16GB
  • メモリバス幅:4,096bit
  • 出力インターフェイス:HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3
  • VGAクーラー:2スロット占有トリプルファンクーラー
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×2
  • 外形寸法:W120×L268×H42mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
SAPPHIRE TECHNOLOGY LIMITED: http://www.sapphiretech.com/

totop