第9世代Core対応のIntel B360チップ採用スタンダードマザーボード計2モデルがMSIから

2019.01.11 20:00 更新

2019.01.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2019年1月11日、Intel B360チップ採用のLGA1151マザーボード「B360-A PRO」「B360M PRO-VDH」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。いずれも発売日は1月12日で、市場想定売価は税抜10,280円と税抜9,280円。
  • 第9世代Core対応のIntel B360チップ採用スタンダードマザーボード計2モデルがMSIから
  • 第9世代Core対応のIntel B360チップ採用スタンダードマザーボード計2モデルがMSIから

MSI「PRO」シリーズに属するLGA1151マザーボード

B360-A PRO 市場想定売価税抜10,280円(1月12日発売)
https://jp.msi.com/Motherboard/B360-A-PRO/
B360M PRO-VDH 市場想定売価税抜9,280円(1月12日発売)
https://jp.msi.com/Motherboard/B360M-PRO-VDH/

「CES 2019」で、ラインナップ拡充がアナウンスされた第9世代Coreシリーズにも対応する、LGA1151マザーボードの新製品。MSI「PRO」シリーズに属するスタンダードモデルで、チップセットはIntel B360を採用する。

「B360-A PRO」は、AMD CrossFire XをサポートするATXフォームファクタモデル。PCI-Express3.0(x16)スロットは、メタルシールドを施した「Steel Armor」仕様で、オーディオ回路には高品質コンポーネントで固められたスタジオクラスの「Audio Boost」を採用する。

B360-A_PRO_1024x263c

主なスペックは、メモリスロットがDDR4-2666×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×5、TurboM.2×1、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4/x16形状)×1、PCI-Express3.0(x1)×4で、ネットワークはIntelチップによるギガビットLANを搭載する。

B360M_PRO-VDH_1024x768a B360M_PRO-VDH_1024x768b
B360M PRO-VDH

「B360M PRO-VDH」は、HDMI、DisplayPort、DVI-D、D-subの4系統のディスプレイ出力を搭載するMicroATXモデル。こちらもPCI-Express3.0(x16)スロットは、メタルシールドを施した「Steel Armor」仕様で、オーディオ回路には高品質コンポーネントで固められたスタジオクラスの「Audio Boost」を採用する。

B360M_PRO-VDH_1024x285c

主なスペックは、メモリスロットがDDR4-2666×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、TurboM.2×1、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x1)×2で、ネットワークはRealtekチップによるギガビットLANを搭載する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://jp.msi.com/

totop