上海問屋、幅わずか290mmの小型メカニカルゲーミングキーボード発売

2019.01.11 19:03 更新

2019.01.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社サードウェーブ(本社:東京都千代田区)が展開する上海問屋は2019年1月11日、英語61キー配列の小型ゲーミングメカニカルキーボード「MOTOSPEED CK61」(型番:DN-915671)を発表した。直販価格は税抜5,299円で、即日販売が開始されている。
  • 上海問屋、幅わずか290mmの小型メカニカルゲーミングキーボード発売
  • 上海問屋、幅わずか290mmの小型メカニカルゲーミングキーボード発売

Kailh BOX Switch(白軸)を採用

MOTOSPEED CK61(型番:DN-915671) 直販価格税抜5,299円(1月11日発売)
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=457391

横幅を290mmに抑えることで、マウス操作スペースを広く取ることができる小型ゲーミングメカニカルキーボード。キー配列は英語61キーで、スイッチにはクリッキータイプの「Kailh BOX Switch(白軸)」を採用する。

DN-915671_800x600c DN-915671_800x600d

各キーにはRGB LEDバックライトを備え、点灯パターンやカラーの他、輝度、スピード、イルミネーション方向などの切替が可能。またNキーロールオーバー、アンチゴースト、Windowsキーロックなどのゲーマー向け機能を搭載する。

DN-915671_800x600e

レスポンススピードは2ms、キーピッチは19mm、キーストローク耐久性は5,000万回。インターフェイスはPC側がUSB Type-A、キーボード側がUSB Type-C。本体サイズはW290×D100×H40mm、重量約465g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
上海問屋(株式会社サードウェーブ): https://www.dospara.co.jp/

totop