Lexar、M.2 2242フォームファクタのNVMeモデルなどM.2 SSD計4シリーズ

2019.01.09 17:49 更新

2018.01.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Longsys(本社:中国)が展開するLexarブランドは2019年1月8日(現地時間)、M.2フォームファクタに対応するSSD「NM」シリーズ4シリーズを発表した。いずれも今月より製品出荷が開始される。
  • Lexar、M.2 2242フォームファクタのNVMeモデルなどM.2 SSD計4シリーズ

SATA3.0 1シリーズ、NVMe 3シリーズの計4シリーズ

NMシリーズ(2019年1月中出荷予定)
http://www.lexar.com/lexar-introduces-a-family-of-m-2-ssds-to-its-portfolio/
NM600 240GB 市場想定売価149.99ドル/480GB 市場想定売価249.99ドル
http://www.lexar.com/portfolio_page/ssd-nm600/
NM500 128GB 市場想定売価59.99ドル/256GB 市場想定売価99.99ドル/512GB 市場想定売価179.99ドル
http://www.lexar.com/portfolio_page/ssd-nm500/
NM520 128GB 市場想定売価69.99ドル/256GB 市場想定売価119.99ドル/512GB 市場想定売価未定
http://www.lexar.com/portfolio_page/ssd-nm520/
NM200 240GB 市場想定売価129.99ドル/480GB 市場想定売価229.99ドル
http://www.lexar.com/portfolio_page/ssd-nm200/

Lexarブランドから、M.2フォームファクタに対応するコンシューマ向けSSD「NM」シリーズがデビュー。

「NM600」シリーズは、M.2 2280フォームファクタに対応するNVMe SSDのハイエンドモデル。容量ラインナップは240GBと480GBの2モデル展開で、転送速度はシーケンシャル読込最高2,100MB/sec、書込最高1,600MB/sec、ランダム読込最高188,000 IOPS、書込最高156,000 IOPS。MTBFは150万時間で、書込耐性は0.46DWPD。

「NM500」シリーズは、M.2 2280フォームファクタに対応するNVMe SSDのエントリーモデル。容量ラインナップは128GB、256GB、512GBの3モデル展開で、転送速度はシーケンシャル読込最高1,650MB/sec、書込最高1,000MB/sec、ランダム読込最高92,000 IOPS、書込最高92,000 IOPS。MTBFは150万時間で、書込耐性は0.46DWPD。

「NM520」シリーズは、M.2 2242フォームファクタに対応するNVMe SSDのコンパクトモデル。容量ラインナップは128GB、256GB、512GB(価格は未定)の3モデル展開で、転送速度はシーケンシャル読込最高1,650MB/sec、書込最高1,000MB/sec、ランダム読込最高92,000 IOPS、書込最高92,000 IOPS。MTBFは150万時間で、書込耐性は0.46DWPD。

「NM200」シリーズは、M.2 2280フォームファクタに対応するSATA3.0(6Gbps)SSD。容量ラインナップは240GB、480GBの2モデル展開で、転送速度はシーケンシャル読込最高550MB/sec、書込最高510MB/sec、ランダム読込最高90,000 IOPS、書込最高90,000 IOPS。MTBFは150万時間で、書込耐性は0.46DWPD。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Lexar: http://www.lexar.com/

totop