140mmデュアルファンと7本パイプ搭載の高冷却クーラー、Deepcool「ASSASSIN III」

2019.01.09 11:07 更新

2019.01.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Deepcool Industries(本社:中国)は2019年1月8日(現地時間)、デュアルファン搭載のサイドフローCPUクーラー「ASSASSIN III」やミニマルデザインのミドルタワー「MACUBE 550」など、クーラー・ケースの新製品を発表した。2月以降に順次発売が開始される。

「CES 2019」で披露する最新クーラー・ケースをまとめてチェック

ASSASSIN III 市場想定価格99.99ドル(5月発売予定)
MACUBE 550(6月発売予定)
Black 市場想定価格109.99ドル
White 市場想定価格119.99ドル
MATREXX 70 市場想定価格69.99ドル(4月発売予定)
MATREXX 55 ADD-RGB WH 市場想定価格64.99ドル(2月発売予定)
製品名(シリーズ名) 市場想定売価税込税抜円(発売予定)
http://www.deepcool.com/index.shtml

Deepcoolより、「CES 2019」に持ち込まれたクーラー・PCケースの新製品がリリースされた。

「ASSASSIN III」は、140mm口径の冷却ファンをデュアル搭載したサイドフロータイプのCPUクーラー。最大TDP280Wに対応する高冷却モデルで、7本のヒートパイプでツインタワー型のヒートシンクを連結。いわく「先進的なパイプレイアウト」により冷却効率を高めているという。

洗練されたデザインも特徴で、クーラートップには周囲のエアフローを整えるためのスポイラーを装着する。大柄ながら、素早くシンプルに搭載可能な組み込みやすさも魅力。5月に発売を予定している。

Macube_550_1024x768
MACUBE 550

完全新作のPCケースとして、Deepcoolが特にアピールしているモデルが「MACUBE 550」。シンプルで無駄のないミニマルな外観のミドルタワーで、独自の“levitation design”により、吸気口を露出させずに十分なエアフローを確保しているという。

珍しいアルミ製のハンドルがついたサイドパネルは、強化ガラス製の魅せるデザイン。グラフィックスカードを効果的にディスプレイできる垂直GPUスロット、広々としたケーブルマネジメントエリア、半透明のPSUシュラウドなどで構成。最大360mmサイズの水冷ラジエターを組み込むこともできる。

カラーバリエーションはBlackとWhiteの2色展開で、6月に発売予定。

MATREXX_70_1024x768 Matrexx55_WH_1024x768
MATREXX 70 MATREXX 55 ADD-RGB WH

「MATREXX 70」は、E-ATX対応ながらコンパクトなサイズに収められた。フロント・サイドに強化ガラスを用いた魅せるデザインで、70ドル未満というクラス最高峰のコストパフォーマンスの高さも特徴とする。

取り外し可能なPSUシュラウドや移動式HDDケージなどで構成される“Open interior design”を採用、組み込み自由度の高さも魅力。グラフィックスカードの垂直マウント、最大360mmサイズの水冷ラジエターにも対応する。4月に発売予定。

「MATREXX 55 ADD-RGB WH」は、昨年10月にリリースされた「MATREXX 55 ADD-RGB」のホワイトモデル。フロント・トップ・サイドを強化ガラスを採用、フロントフェイスにはアドレサブルRGBを搭載するなど、イルミネーションに凝ったマシン構築に適している。

E-ATXマザーボードに対応するなど拡張性に優れ、フロントに最大360mm、トップに最大280mmサイズの水冷ラジエターをマウントできる。2月の発売を予定しており、今回発表されたラインナップでは最も早く出荷が開始される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Deepcool Industries: http://www.deepcoolglobal.com/

totop