Thermaltake、DIY水冷対応のDDR4-3200メモリ「WaterRam RGB」シリーズ

2019.01.09 11:12 更新

2019.01.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Thermaltake(本社:台湾)は2019年1月8日(現地時間)、水冷システムを搭載したDDR4-3200メモリ「WaterRam RGB」シリーズを発表した。容量は8GB×2と8GB×4の2種類がラインナップされる。
  • Thermaltake、DIY水冷対応のDDR4-3200メモリ「WaterRam RGB」シリーズ
  • Thermaltake、DIY水冷対応のDDR4-3200メモリ「WaterRam RGB」シリーズ

メモリの温度を37%も低下する水冷システム採用

WaterRam RGBシリーズ
https://www.thermaltake.com/content.aspx?id=8138
WaterRam RGB Liquid Cooling Memory DDR4 3200MHz 16GB (8GB x 2)(型番:CL-W251-CA00SW-A)
https://www.thermaltake.com/Memory/Memory_/Memory/C_00003401/WaterRam_RGB_Liquid_Cooling_Memory_DDR4_3200MHz_16GB_8GB_x_2_/fulldesign.htm
WaterRam RGB Liquid Cooling Memory DDR4 3200MHz 32GB (8GB x 4)(型番:CL-W252-CA00SW-A)
https://www.thermaltake.com/Memory/Memory_/Memory/C_00003400/WaterRam_RGB_Liquid_Cooling_Memory_DDR4_3200MHz_32GB_8GB_x_4_/fulldesign.htm

Thermaltakeがメモリ市場への参入をアナウンス。その第1弾モデルとしてDDR4-3200メモリキット「WaterRam RGB」シリーズを発表した。

メモリの温度を最大37%も低減できるという、アルミニウム製のヒートスプレッダと、ニッケル加工の銅製ベースを採用する専用ウォーターブロックを組み合わせたDIY水冷システムを搭載。またウォーターブロック部分には、12個のアドレサブルRGBが内蔵され、「TT RGB PLUS」や各社マザーボードのライティング機能による制御が可能だ。

WaterRam_720x540c WaterRam_720x540d

メモリチップはHynix Cダイの選別品で、動作クロックは3,200MHz、レイテンシは16-18-18-38、動作電圧は1.35Vで、メモリ容量は8GB×2と8GB×4の2モデルがラインナップ。メモリプロファイルはIntel XMP2.0に準拠し、Intel X299/300/200/100シリーズをサポートする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Thermaltake: http://www.thermaltake.com/

totop