GDDR5Xと3連ファンクーラーを搭載するGTX 1060がGIGABYTEから

2018.12.21 20:00 更新

2018.12.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2018年12月21日、ビデオメモリにGDDR5Xを搭載する、GeForce GTX 1060グラフィックスカード「GeForce GTX 1060 G1 Gaming D5X 6G」(型番:GV-N1060G1 GAMING-6GD 3.0)を発表した。
  • GDDR5Xと3連ファンクーラーを搭載するGTX 1060がGIGABYTEから
  • GDDR5Xと3連ファンクーラーを搭載するGTX 1060がGIGABYTEから

オリジナル3連ファンクーラー「WINDFORCE 3X」搭載

GeForce GTX 1060 G1 Gaming D5X 6G(型番:GV-N1060G1 GAMING-6GD 3.0)
https://www.gigabyte.com/Graphics-Card/GV-N1060G1-GAMING-6GD-30

ビデオメモリに容量6GBのGDDR5Xを搭載する、GeForce GTX 1060グラフィックスカード。クーラーカバーには1,670万色カラーのイルミネーション機能を備え、「RGB Fusion」による制御も可能だ。

VGAクーラーは、3基の「Unique Blade Fan」を搭載する「WINDFORCE 3X」で、低負荷時にはファンの回転を停止するセミファンレス駆動に対応。またヒートシンクには3基コンポジットヒートパイプをダイレクトタッチ方式で搭載し、冷却性能を高めている。

GV-N1060G1_1024x768c

その他、1クリックでパフォーマンスを引き上げることができる「One-click Super overclocking」、オーバークロック耐性の高い選別チップのみを採用する「GPU Gauntlet Sorting」、高品質なフェライトコアチョークやコンデンサを採用する「Ultra Durable Materials」などの機能に対応する。

コアクロックはベースクロック1,594MHz、ブーストクロック1,809MHzの「Gaming Mode」と、1,620MHz/1,847MHzの「OC Mode」の2段階調整が可能。メモリバス幅は192bit、メモリクロックは8,008MHzで、メモリ帯域は192GB/sec。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDualLink DVI-D×1、HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3で、補助電源コネクタは8pin×1。カードサイズはW114×L280×H41mm。

GV-N1060G1_900x370
  • GPU:GeForce GTX 1060
  • CUDA数:1,280基
  • コアベースクロック:1,594MHz /1,620MHz
  • コアブーストクロック:1,809MHz/1,847MHz
  • メモリクロック:8,008MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5X 6GB
  • メモリバス幅:192bit
  • 出力インターフェイス:DualLink DVI-D×1、HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3
  • VGAクーラー:WINDFORCE 3X
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×1
  • 外形寸法:W114×L280×H41mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE: https://www.gigabyte.com/

totop