Lenovo、世界初のスナドラ855&12GBメモリ搭載スマホ「Z5 Pro GT」発表

2018.12.19 10:58 更新

2018.12.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Lenovo Corporation(本社:中国)は2018年12月18日(現地時間)、世界で初めてSnapdragon 855や12GBメモリを搭載したフラッグシップスマートフォン「Z5 Pro GT」を発表した。市場想定価格は2,698人民元からで、1月24日より予約が開始される。
  • Lenovo、世界初のスナドラ855&12GBメモリ搭載スマホ「Z5 Pro GT」発表
  • Lenovo、世界初のスナドラ855&12GBメモリ搭載スマホ「Z5 Pro GT」発表

スライド式ギミックで占有率95.06%のノッチレス全画面を実現

Z5 Pro GT(1月24日予約開始)
6GB+128GBモデル 市場想定価格2,698人民元
8GB+128GBモデル 市場想定価格2,998人民元
8GB+256GBモデル 市場想定価格3,398人民元
12GB+512GBモデル 市場想定価格4,398人民元
https://news.lenovo.com.cn/news/1128866.html
https://activity.lenovo.com.cn/activity/moto/introduce/lenovoz5pro/html/overview/

Lenovoより、最先端スペックで構成されたフラッグシップスマートフォンの「Z5 Pro GT」がリリース。世界で初めて7nmプロセスを採用したQualcommの最新SoC Snapdragon 855を搭載、メモリも最大12GBを実装する。

Z5_Pro_GT_1024x768

インカメラと赤外線センサーをディスプレイから分離させた、スライド式ギミックを採用。ノッチのないフルベゼルレスを実現しており、画面占有率は95.06%に達した。ディスプレイは2,340×1,080ドットの6.39インチ有機ELを搭載、画面内指紋認証にも対応する。

プロセッサは前述のSnapdragon 855(2.84GHz)で、前世代から最大45%高速かつGPUのAdreno 640は最大20%の性能向上を実現。AnTuTuベンチマークで370,000以上のスコアをマークしたという。メモリとストレージは、6GB+128GB/8GB+128GB/8GB+256GB/12GB+512GBの4モデルをラインナップする。搭載OSはAndroid 8.1ベースの独自UI「ZUI10」。

そのほか、ソニー製センサーを採用した1,600万画素+2,400万画素のメインカメラ、1,600万画素+800万画素のインカメラを装備。急速充電に対応する3,350mAhバッテリーを内蔵する。外形寸法W73.04×D155.12×H9.3mm、重量約210g。

Z5s_900x675 S5_Pro_GT_700x525
Z5s S5 Pro GT

また、ミドルレンジクラスのスマートフォン2機種も同時に発表。「Z5s」はその上位モデルで、水滴型ノッチを採用した6.3インチのベゼルレスディスプレイを搭載している。市場想定価格は1,398人民元から。

ディスプレイ解像度は2,340×1,080ドット、プロセッサはSnapdragon 710、メモリとストレージは4GB+64GB/6GB+64GB/6GB/128GBをラインナップする。1,600万画素+800万画素+500万画素のトリプルカメラ、1,600万画素のインカメラを実装。搭載OSはAndroid 8.1ベースの「ZUI10」。

「S5 Pro GT」は、やや広めのノッチを備えた6.2インチサイズのミドルレンジスマートフォン。市場想定価格は1,198人民元から。

ディスプレイ解像度は2,246×1,080ドット、プロセッサはSnapdragon 660、メモリとストレージは4GB+64GB/6GB+64GB6GB/128GBをラインナップする。カメラは1,200万画素+2,000万画素のメインカメラと、同じくデュアル構成の2,000万画素+800万画素インカメラを装備。OSはAndroid 8.1ベースの「ZUI10」を搭載する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Lenovo Corporation: http://www.lenovo.com/

totop