電圧変動2%未満のPLATINUM認証「CB」シリーズなど、In Winから電源ユニット5モデル

2018.12.07 12:32 更新

2018.12.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
In Win Development(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社アユート(本社:東京都文京区)は2018年12月7日、80PLUS PLATINUM認証を取得したハイエンド電源ユニット「CLASSIC BASIC(CB)」シリーズなど、電源ユニット5モデルについて、新規取り扱い開始を発表した。12月14日より順次発売予定で、市場想定価格は税抜15,800円から。
  • 電圧変動2%未満のPLATINUM認証「CB」シリーズなど、In Winから電源ユニット5モデル
  • 電圧変動2%未満のPLATINUM認証「CB」シリーズなど、In Winから電源ユニット5モデル

マザー同期できるRGB対応モデルや期待のSFX電源もラインナップ

CB-1050W(型番:IW-CB1050) 市場想定価格税抜25,800円(12月19日発売予定)
CB-1250W(型番:IW-CB1250) 市場想定価格税抜29,800円(12月19日発売予定)
PB-750W(型番:IW-PB750-RGB) 市場想定価格税抜15,800円(12月19日発売予定)
PB-850W(型番:IW-PB850-RGB) 市場想定価格税抜17,800円(12月19日発売予定)
CS-700W(型番:IW-CS700-SFX) 市場想定価格税抜15,800円(12月14日発売予定)
http://www.aiuto-jp.co.jp/

In Winの「CLASSIC BASIC(CB)」シリーズは、80PLUS PLATINUM認証を取得したフルモジュラー仕様の電源ユニット。容量は1050Wの「CB-1050W」と1250Wモデル「CB-1250W」をラインナップする。

専用MCUで各出力を制御するデジタル設計の「Digital Voltage Feedback Design」を採用、電圧変動を誤差±2%未満に抑える安定性の高さが特徴。コンデンサには日本メーカー製105℃品が採用され、優れた耐久性をもつ。

冷却機構には135mmのデュアルボールベアリングファンを搭載、負荷25%未満で回転を停止するセミファンレス機能も備える。詳細はこちらのグローバルリリースを参照のこと。なお、メーカー保証は7年間。

PB-850W_900x675a PB-850W_900x675b
PB-850W

80PLUS GOLD認証を取得したフルモジュラー電源ユニット「PREMIUM BASIC」シリーズも同時発売。RGB LEDファンを備えた製品で、対応マザーボードとライティングを同期できる。容量は750Wの「PB-750W」と850Wモデル「PB-850W」をラインナップする。

RGB LEDは、本体の「RGBモードボタン」にて8種類のライティングモードを切り替え可能。起動時に前回と同じカラーを表示するメモリー機能も備えている。冷却機構は135mm口径の流体動圧軸受(FDB)ファンを採用、負荷25%未満でファン回転数を下げる「サイレントモード」動作に対応する。

コンデンサには、上記同様に日本製105℃品を採用、MTBFは100,000時間以上とされる。OCP(過電流保護)、OVP(過電圧保護)、UVP(低電圧保護)、SCP(ショート回路保護)、OTP(過温保護)、OPP(過負荷保護)の各種保護回路を実装。メーカー保証は5年間。

cs700_958x718a cs700_958x718b
CS-700W

今回リリースされた電源ユニット製品では、SFXフォームファクタ対応の「CS-700W」のみ12月14日より発売。80PLUS GOLD認証を取得した700WのSFX電源で、ケーブルはすべて脱着可能なフルモジュラー仕様となっている。

小型フォームファクタ向けながら、+12Vシングルレーン最大58.4Aを供給可能なパワフル設計が特徴。GeForce GTX 1080 Tiグラフィックスカードの2-Way SLI構成にも対応する。コンデンサには日本製105℃品が採用され、耐久性も高い。

また、冷却ファンには最低騒音値18dBAの92mmサイレントファンを搭載する。詳細については、こちらのグローバルリリースを参照のこと。なお、メーカー保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
In Win Development: https://www.inwin-style.com/
株式会社アユート: http://www.aiuto-jp.co.jp/

totop