ワイモバイル、AIカメラを搭載する最上位Android Oneスマホ「X5」

2018.12.04 16:00 更新

2018.12.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区)および株式会社ウィルコム沖縄は2018年12月4日、ワイモバイルブランドより、AIカメラを搭載するLG製最上位Android Oneスマートフォン「X5」を発表。12月13日より発売を開始する。
  • ワイモバイル、AIカメラを搭載する最上位Android Oneスマホ「X5」
  • ワイモバイル、AIカメラを搭載する最上位Android Oneスマホ「X5」

最大1,000nitの高輝度縦長液晶ディスプレイを採用

常に最新のOSが使えるAndroid Oneスマートフォンの最上位モデル。製品の開発を手がけるのはLGで、「Googleアシスタント」や、カメラを向けた対象について調べる「Googleレンズ」を起動できる「Googleアシストボタン」を標準装備。またフレーム内の被写体を分析し、視野角や色、照明、彩度などを最適化するAIカメラ機能を備えた。

液晶パネルは最大1,000nitの高輝度6.1インチクアッドHD+(3,120×1,440ドット)で、アスペクト比は19.5:9の縦長表示に対応。プロセッサはMSM8998(オクタコア/2.45GHz+1.90GHz)、メモリはRAM 4GB、ROM 32GBで、カメラはメイン1,600万画素、サブ800万画素。

インターフェイスはmicroSDカードスロット(最大512GB)、ネットワークはIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 5.0に対応。バッテリー容量は3,000mAhで、最大通信速度は上り400Mbps、下り37.5Mbps。

本体サイズはW72×D153×H7.9mm、重量約158g。OSはAndroid 9で、カラーはニューモロッカンブルーとミスティックホワイトの2色展開。

s5_1024x768a
S5(クールシルバー)

また5.5インチフルHD+(2,180×1,080ドット)IGZO液晶を採用する、シャープ製Android Oneスマートフォン「S5」も同時リリース。こちらはソフトバンクとワイモバイルから12月下旬以降に発売が開始される。

主なスペックはプロセッサがSDM450(オクタコア1.80GHz)、メモリがRAM 3GB、ROM 32GB、カメラはメイン1,200万画素、サブ800万画素、インターフェイスはmicroSDカードスロット(最大512GB)、ネットワークはIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.2に対応。バッテリー容量は2,700mAhで、最大通信速度は上り112.5Mbps、下り37.5Mbps。

s5_1024x768b s5_1024x768c
S5(ダークブル) S5(ローズピンク)

本体サイズはW71×D148×H8.1mm、重量約149g。OSはAndroid 9で、カラーはクールシルバー、ダークブルー、ローズピンクの3色が用意される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ソフトバンク株式会社: http://www.softbank.jp/

totop