Mini-ITXケースに収まるショート設計のミドルグラフィックス「PG Radeon RX560 4G」

2018.12.04 11:30 更新

2018.12.03 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2018年12月3日、Radeon RX 560を搭載したショート設計のグラフィックスカード「Phantom Gaming Radeon RX560 4G」を発表した。市場想定価格は税抜15,980円で、12月7日より発売が開始される。
  • Mini-ITXケースに収まるショート設計のミドルグラフィックス「PG Radeon RX560 4G」
  • Mini-ITXケースに収まるショート設計のミドルグラフィックス「PG Radeon RX560 4G」

「Phantom Gaming Tweak」による3段階のクロック調整に対応

Phantom Gaming Radeon RX560 4G 市場想定価格税抜15,980円(12月7日発売予定)
https://www.asrock.com/Graphics-Card/AMD/Phantom%20Gaming%20Radeon%20RX560%204G/index.jp.asp

ASRockより、AMDのメインストリーム向けGPU Radeon RX 560を搭載したグラフィックスカード「Phantom Gaming Radeon RX560 4G」がリリース。奥行き170mm未満のショート基板を採用したモデルで補助電源は不要、スモールフォームファクタと相性が良好なカードだ。

PG_5604G_1024x768c

「Phantom Gaming Tweak」による簡易のチューニングに対応。動作クロックは、OC Mode:1,223MHz/7,028MHz、Default Mode:1,176MHz/7,000MHz、Silent Mode:1,128MHz/6,972MHzの3段階に手軽に調整できる。なお、ストリームプロセッサは896基、ビデオメモリはバス幅128bitのGDDR5 4GBを実装する。

冷却機構には、最大5万~10万時間の長寿命をもつ高耐久なダブルボールベアリングファンを備えたオリジナルクーラーを備える。「Phantom Gaming Tweak」によるファン回転数の調整も可能だ。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)に対応。出力インターフェイスはDisplayPort1.4×1、HDMI2.0×1、DVI-D×1の3系統、最大解像度は5,120×2,880ドット。外形寸法はW130.89×D169.58×H42.05mmで、2スロットを占有する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop