Astell&Kern、3Way・3BAドライバー搭載のインイヤーモニター「Diana」を約10万円で発売

2018.11.28 12:39 更新

2018.11.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アユート(本社:東京都台東区)は2018年11月28日、Jerry Harvey AudioとコラボしたAstell&Kernブランドのインイヤーモニター「Diana」を発表した。市場想定価格は税込94,980円で、12月13日より発売される。
  • Astell&Kern、3Way・3BAドライバー搭載のインイヤーモニター「Diana」を約10万円で発売
  • Astell&Kern、3Way・3BAドライバー搭載のインイヤーモニター「Diana」を約10万円で発売

Astell&Kernプレイヤーと相性抜群、高音域に強いJerry Harvey AudioコラボのIEM

Diana 市場想定売価税込94,980円(12月13日発売予定)
https://www.iriver.jp/information/entry_1074.php

インイヤーモニターの世界的メーカーであるJerry Harvey Audioとのコラボレーションで誕生した、Astell&Kernブランド「Diana」がリリース。アルミボディを採用した3Way・3BAドライバー搭載モデルで、特にAstell&Kernプレイヤーとのマッチングを考慮した設計になっている。

Diana_1024x768

独自開発の新設計B.A.ドライバーを3-Way・3BAドライバー構成で搭載。複数ドライバーの時間軸と位相を正確に制御する独自技術「freqphaseテクノロジー」により、各ドライバーの信号を0.01ミリ秒以内で到達させることが可能という。

また、ノズルの先にアコースティックチャンバーを設けた「アコースティック・チャンバー・サウンド・ボア」デザインを採用。特に高音域に最適化を施した設計で、同時に導管に汗や異物が入り込むことも防ぐ構造になっている。

そのほか、共振を抑制する高剛性のアルミボディ、4N純銀と銀メッキ加工を施した7NN OCC銅線を組み合わせたハイブリッドケーブルを採用。信号をスポイルすることなく、ワイドレンジの再生を可能にしている。

なおコネクタ形状はカスタムIEM 2pinタイプで、2.5mm/4極バランスプラグを搭載。製品には3.5mm/3極変換ケーブル、3サイズのシリコンイヤーチップが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社アユート: http://www.aiuto-jp.co.jp/
iriver: http://www.iriver.jp/

totop