Xeon W対応のサーバー向けMini-ITXマザーボード、ASRock Rack「C422 WSI/IPMI」

2018.11.21 14:00 更新

2018.11.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)のサーバー/ワークステーション向けブランドASRock Rackは2018年11月20日(現地時間)、Xeon Wシリーズに対応するサーバー向けMini-ITXマザーボード「C422 WSI/IPMI」を発表した。
  • Xeon W対応のサーバー向けMini-ITXマザーボード、ASRock Rack「C422 WSI/IPMI」
  • Xeon W対応のサーバー向けMini-ITXマザーボード、ASRock Rack「C422 WSI/IPMI」

SODIMM採用で、クアッドチャネルに対応

最大18コア/36スレッドのXeon Wシリーズに対応するサーバー向けMini-ITXマザーボード。チップセットはIntel C422で、ソケットはLGA2066。

メモリスロットはDDR4-SODIMM×4本で、動作クロックは最高2,666MHz、メモリ種別はECC、モジュールの最大容量は16GB。またMini-ITXマザーボードとしては珍しく、クアッドチャネルに対応する。

ストレージはSATA3.0(6Gbps)×4、U.2用OCulink×1、M.2 2280×1(SATA/PCIe3.0x4)。ネットワークはIntel i350チップによるデュアルギガビットLANと、マネジメントギガビットLANを搭載する。

またマネジメント・グラフィックスコントローラは、ASPEED「AST2500」(VRAM:DDR4 4GB)で、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1。リアインターフェイスはUSB3.0×2、D-Sub×1。

C422 WSIIPMI_1024x768c
  • ソケット:LGA2066
  • チップセット:Intel C422
  • フォームファクタ:Mini-ITX
  • メモリスロット:DDR4-SODIMM×4(ECC/クアッドチャネル対応)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16形状)×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×4、U.2用OCulink×1、M.2 2280×1(SATA/PCIe3.0x4)
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel i350)
  • サウンド:非搭載
  • リアインターフェイス:USB3.0×2、D-Sub×1、ギガビットLAN×2、マネジメントギガビットLAN×1
  • 外形寸法:170×170mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation(ARock Rack): http://www.asrockrack.com/

totop