エルザ、人とほぼ同じ視野角を実現するハイエンドVRヘッドセット「StarVR One」販売開始

2018.11.20 20:30 更新

2018.11.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社エルザジャパン(本社:東京都港区)は2018年11月20日、StarVR Corporation(本社:台湾)との国内正規代理店契約締結を発表。業界最広の視野角をもつVRヘッドマウントディスプレイ「StarVR One」について、新規取扱い開始を発表した。
  • エルザ、人とほぼ同じ視野角を実現するハイエンドVRヘッドセット「StarVR One」販売開始
  • エルザ、人とほぼ同じ視野角を実現するハイエンドVRヘッドセット「StarVR One」販売開始

210°×130°の広視野角を実現、アイトラッキング機能も備えた最新HMD

StarVR One(型番:EHD-SV1LD)(12月初旬発売予定)
http://www.elsa-jp.co.jp/newsrelease/2018/20181120/

エルザより、VRデバイスを手がける台湾StarVRとの国内正規代理店契約の締結がアナウンス。来月初旬より、同社製のハイエンドVRヘッドマウントディスプレイ「StarVR One」の販売が開始される。

なお、今回発売されるのは「StarVR One開発者プログラム」に申請を行うことが前提となる、開発者向け製品だ。導入価格も要問い合わせとなっている。

starvr-one_1024x768c

「StarVR One」は、左右210°/上下130°という、人とほぼ同じ視野角による自然な表示を可能にするVRヘッドマウントディスプレイ。VRに特化したカスタムメイドの有機ELディスプレイは、リフレッシュレート90Hz、1,600万のサブピクセル処理に対応。さらにカスタムデザインのフレネルレンズを組み合わせ、広い視野全体で鮮明なビジュアル表示を可能にしている。

また、眼球運動をキャプチャするTobii社製のアイトラッキング技術「Tobii VR Eye Trucker」を内蔵。焦点が合った場所で集中的に高品質レンダリングを行う「ダイナミックフォービエイテッドレンダリング」、瞳孔間距離(IPD)の自動計測・最適化に対応する。

そのほか、加速度センサーやジャイロセンサーを内蔵。インターフェイスはDisplayPort×2とUSB2.0×2を装備、重量は450g。製品には、 5mのUSB Type-C延長ケーブル×2、ケーブルアダプタボックスが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社エルザジャパン: http://www.elsa-jp.co.jp/

totop