AMD、製造プロセス12nmの新型Polarisを採用する「Radeon RX 590」発表

2018.11.15 23:01 更新

2018.11.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は日本時間の2018年11月15日23時00分、製造プロセス12nm FinFETの「Polaris 30XT」を採用する新型GPU「Radeon RX 590」を発表した。
  • AMD、製造プロセス12nmの新型Polarisを採用する「Radeon RX 590」発表
  • AMD、製造プロセス12nmの新型Polarisを採用する「Radeon RX 590」発表

Radeon RX 580から約10%パフォーマンスが向上

Polarisアーキテクチャを採用するAMD「Radeon RX 500」シリーズに、約1年半ぶりとなる新型モデル「Radeon RX 590」が追加された。NVIDIA GeForce GTX 1060の対抗となる製品で、フルHD解像度までなら多くのゲームで60fps以上のフレームレートを維持できるという。

radeon_rx_590_1000x615c
フルHD解像度までなら、高画質設定で多くのゲームが60fps以上のフレームレートを維持でき、ストレスなくプレイできる

GPUコアには、製造プロセスを12nm FinFETに微細化した「Polaris 30XT」を採用。これに伴い、コアクロックはRadeon RX 580のベースクロック1,257MH/ブーストクロック1,340MHzから、同1,469MHz/1,545MHzへと大幅に向上。パフォーマンスは約10%引き上げられているという。

radeon_rx_590_1000x615a
先代モデルRadeon RX 580からパフォーマンスは約10%向上

その他基本スペックに変わりはなく、ダイサイズは232mm2、コンピュートユニットは36基、ストリームプロセッサは2,304基、メモリバス幅は256bitで、GDDR5 8GBのビデオメモリを搭載。なおボード消費電力は185Wから225Wへと40W増加している。

radeon_rx_590_600x267

なおAMDの資料によれば、SAPPHIRE、PowerColor、XFXなどから搭載グラフィックスカードが順次発売される予定だ。

radeon_rx_590_sapphire_1024x768 radeon_rx_590_tul1024x768
radeon_rx_590_xfx1024x768 Radeon RX 590グラフィックスカードは、SAPPHIRE(左上)、PowerColor(右上)、XFS(左下)などから登場する予定だ

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop