コストパフォーマンスに優れた強化ガラス採用ミドルタワー、Thermaltake「V200 TG」発売

2018.11.09 10:00 更新

2018.11.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Thermaltake(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2018年11月9日、左サイドパネルに4mm厚強化ガラスを採用するコストパフォーマンスに優れたミドルタワーPCケース「V200 TG」シリーズについて、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。発売は11月16日で、2機種のバリエーションを用意する。
  • コストパフォーマンスに優れた強化ガラス採用ミドルタワー、Thermaltake「V200 TG」発売
  • コストパフォーマンスに優れた強化ガラス採用ミドルタワー、Thermaltake「V200 TG」発売

上位機種にはマザーボードLEDと同期可能なRGBファンを搭載

V200 TG RGB Sync Edition(型番:CA-1K8-00M1WN-01) 市場想定売価税抜8,980円(11月16日発売)
V200 TG(型番:CA-1K8-00M1WN-00) 市場想定売価税抜5,480円(11月16日発売)
https://www.ask-corp.jp/products/thermaltake/middle-pccase/v200-tg.html

左サイドパネルに4mm厚強化ガラスを採用した、ミドルタワーPCケースのコストパフォーマンスモデル。対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXで、コストを掛けずドレスアップPCの構築が楽しめる。

ラインナップは2機種で、上位モデル「V200 TG RGB Sync Edition」は、フロントに120mm口径RGBファン3基(1,000rpm/16dBA)を標準装備。各社対応マザーボードとLEDの同期ができる。またLEDコントロールスイッチも備えた。なおエントリーモデル「V200 TG」は、リア120mm口径ファンx1基(1,000rpm/16dBA)のみを標準装備。

CA-1K8-00M1WN-00_1024x768a CA-1K8-00M1WN-00_1024x768b

共通で、ドライブベイは2.5インチシャドウベイx3段、3.5インチシャドウx2段、冷却ファンはフロント120mmx3基または140mmx2基、トップ120/140mmx2基、リア120mmx1基、拡張スロットは7段。フロントトップのアクセスポートはUSB3.1×1、USB2.0x2、音声入出力端子。

外形寸法はW204xD439xH466mm、重量7.1kg(V200 TGは6.5kg)。各有効スペースはグラフィックスカードが長さ380mm、CPUクーラーが高さ160mm、電源ユニットが奥行き170mmまで。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Thermaltake Technology: http://www.thermaltake.com/
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/

totop