2面強化ガラスと2面アルミパネル採用のミドルタワー、Thermaltake「A500 TG」発売

2018.11.09 10:01 更新

2018.11.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Thermaltake(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2018年11月9日、2面強化ガラスのスイングドアと2面アルミパネルを採用するミドルタワーPCケース「A500 TG」(型番:CA-1L3-00M9WN-00)について、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税抜29,800円で、発売日は11月16日。
  • 2面強化ガラスと2面アルミパネル採用のミドルタワー、Thermaltake「A500 TG」発売
  • 2面強化ガラスと2面アルミパネル採用のミドルタワー、Thermaltake「A500 TG」発売

高精度CNCデジタルカッティングとCNCミリング技術採用

A500 TG(型番:CA-1L3-00M9WN-00) 市場想定売価税抜29,800円(11月16日発売)
https://www.ask-corp.jp/products/thermaltake/middle-pccase/a500-tg.html

4mm厚の強化ガラス製スイングドアパネルと、フロントおよびトップにアルミニウムパネルを採用する、ミドルタワーPCケースの新作。フロントトップ部のカーブは高精度CNCデジタルカッティングとCNCミリング技術を採用。傷や手垢が付きにくいサンドブラスト加工を施した、美しい曲線を特徴とする。

A500_TG_1024x768b A500_TG_1024x768c

ドライブベイレイアウトは、2.5/3.5インチ共用シャドウベイをボトムカバー上部に4つ、ボトムカバー内部に2つ備える他、2.5インチ専用のブラケットも1つ装備。冷却ファンレイアウトは、フロント120/140mmx3基(120mmx2基標準/1,000rpm/22dBA)、リア120mmx1基(標準/1,000rpm/22dBA)、トップ120mmx3基または140mmx2基で、ラジエターはフロント280/360mmサイズ、トップ280/360mmサイズ、リア120mmサイズがそれぞれ搭載できる。

対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXで、拡張スロットは8+2段。フロントトップのアクセスポートには、USB3.1 Gen.1 Type-Cx1、USB3.0x2、USB2.0x2、音声入出力端子を装備。各有効スペースはグラフィックスカードが長さ420mm(ドライブケージ搭載時は295mm)、CPUクーラーは高さ160mm、電源ユニットは長さ220mm。

外形寸法はW236xD510xH560mm、重量14.8kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Thermaltake Technology: http://www.thermaltake.com/
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/

totop