GIGABYTE、16フェーズデジタル電源搭載の最上位ゲーミングマザー「Z390 AORUS XTREME」

2018.10.22 10:28 更新

2018.10.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2018年10月19日(現地時間)、E-ATXフォームファクタに対応する最上位ゲーミングマザーボード「Z390 AORUS XTREME」を発表した。
  • GIGABYTE、16フェーズデジタル電源搭載の最上位ゲーミングマザー「Z390 AORUS XTREME」
  • GIGABYTE、16フェーズデジタル電源搭載の最上位ゲーミングマザー「Z390 AORUS XTREME」

チューニング用オプションボード「GC-OC Touch」付属

メディア向け内覧会で製品型番のみアナウンスされていた、「AORUS Z390」シリーズの最上位モデル「Z390 AORUS XTREME」が正式発表。その詳細スペックが判明した。

電源回路は、IR製デジタルPWMコントローラによる16フェーズ構成で、補助電源コネクタは8pin×2を搭載。また放熱面積を拡大した「Fins Aarry heatsink」と、4本のヒートパイプで構成される大型のヒートシンクに加え、基板裏面から放熱を補助する「NanoCarbon Baseplate」を組み合わせることで、電源回路の冷却性能を高めている。

さらに製品には、BIOSの切り替えや、内蔵GPUのON/OFF、コア倍率・BCLK調整、各種電圧測定モジュール、6ポート分のファンコネクタの機能を統合したオプションボード「GC-OC Touch」が付属。ユーザーが独自に細かいチューニングを施すことで、CPUの持つポテンシャルを最大限に引き出すことができる。

主なスペックは、フォームファクタがE-ATX、メモリはDDR4×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、M.2×3で、マルチグラフィックスは2-Way NVIDIA SLI/3-Way AMD CrossFire Xに対応。

ゲーミングPCで重要なオーディオ回路は、Realtek「ALC 1220」をベースに、ESS「ES9018K2M」DACとTi製オペアンプ「OPA1622」搭載。ネットワークは、10ギガビットLAN、ギガビットLAN(Intel)、最大転送速度1.73GbpsのIEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

Z390_AORUS_XTREME_1024x331
  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel Z390
  • フォームファクタ:E-ATX
  • メモリスロット:DDR4-4266×4(最大64GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16形状)×3、PCI-Express2.0(x1)×2、M.2×1(ワイヤレスカード標準)
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、M.2×3
  • LAN:10ギガビットLAN×1(Aquantia)、ギガビットLAN×1(Intel)、IEEE 802.11ac無線LAN(1.73Gbps)、Bluetooth 5.0
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1220+ESS ES9018K2M)
  • インターフェイス:Thunderbolt 3×2(USB Type-C互換)、USB3.1 Gen.2×4、USB3.1 Gen.1×2、USB2.0×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、10ギガビットLAN×1、ギガビットLAN×1、HDMI×1
  • 外形寸法:305×271mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop