MSI、OC性能を追求したフラッグシップ「GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G」など2種

2018.10.17 00:01 更新

2018.10.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2018年10月17日、GeForce RTX 2070を搭載するグラフィックスカード「GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G」「GeForce RTX 2070 ARMOR 8G」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。
  • MSI、OC性能を追求したフラッグシップ「GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G」など2種
  • MSI、OC性能を追求したフラッグシップ「GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G」など2種

コストパフォーマンスを重視した「ARMOR」モデルは限定発売

GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G 市場想定売価税抜89,800円(10月17日発売)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-RTX-2070-GAMING-Z-8G
GeForce RTX 2070 ARMOR 8G 市場想定売価税抜65,800円(10月23日発売)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-RTX-2070-ARMOR-8G

グローバルリリースで一報をお届けした、MSI GeForce RTX 2070シリーズの国内発売日および、市場想定売価がアナウンスされた。

「GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G」は、トルクスファン3.0と、放熱効率を向上させた最新VGAクーラー「TWIN FROZR 7」を搭載する最上位モデル。従来のクーラーから冷却性能は約13%も向上しており、ブーストクロックは定格の1,620MHzから+210MHzとなる最大1,830MHzに引き上げられている。

その他、低負荷時にはファンの回転を停止する「Zero Frozr」や、独自ライティング制御ソフトウェア「Mystic Light」に対応するRGB LEDなどの機能を搭載する。

主なスペックはGPUコアがTU106-400A、CUDAコア数2,304基、ベースクロック1,410MHz、メモリクロック7,000MHz相当、メモリバス幅256bitで、GDDR6 8GBのビデオメモリを実装。出力インターフェイスはDisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1、USB Type-C×1。

2070Aromr_1024x768a 2070Aromr_1024x768b
GeForce RTX 2070 ARMOR 8G

「GeForce RTX 2070 ARMOR 8G」は、市場想定売価税抜65,800円という価格設定が魅力の数量限定モデル。発売は10月23日より開始される。

VGAクーラーはトルクスファン2.0を採用する「ARMOR」クーラーで、GPUコアはTU106-400、CUDAコア数2,304基、ベースクロック1,410MHz、ブーストクロック1,620MHz、メモリクロック7,000MHz相当、メモリバス幅256bitで、GDDR6 8GBのビデオメモリを実装。出力インターフェイスはDisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1、USB Type-C×1。

2070Aromr_1024x768a-1024x528

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://jp.msi.com/

totop