モトローラ、合体スマホの最新モデル「moto z3 play」13日発売

2018.10.12 17:44 更新

2018.10.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は2018年10月12日、専用モジュール「moto mods」で機能を拡張できるスマートフォン「moto z3 play」について、国内市場向け取り扱いを発表した。発売は10月13日より開始され、市場想定売価は税抜56,800円。
  • モトローラ、合体スマホの最新モデル「moto z3 play」13日発売
  • モトローラ、合体スマホの最新モデル「moto z3 play」13日発売

6.01インチのOLED液晶ディスプレイを搭載

moto z3 play 市場想定売価税抜56,800円(10月13日発売)
https://www.motorola.co.jp/products/moto-z-play-gen-3

専用の拡張モジュール「moto mods」で機能を拡張できる、モトローラ「moto z play」シリーズの最新モデル。液晶にはアスペクト比18:9の6.01インチフルHD+(2,160×1,080)ドット有機ELディスプレイを搭載。深みのある黒と鮮やかな色彩による、美しい映像表現が可能だ。

筐体は堅牢かつ軽量なアルミニウム製で、液晶表面には耐久性に優れる2.5DのCorning Gorilla Glassを採用。これにより最薄部わずか6.75mmという、スリムデザインを実現した。

主なスペックは、CPUがQualcomm Snapdragon 636(1.8GHz/オクタコア)、メモリは4GB RAMと64GB ROMで、最高2TBのmicroSDカードを増設可能。フロントカメラは800万画素、リアは1,200万画素のローライトセンサーと、500万画素の深度センサーを組み合わせたデュアルカメラを搭載する。

ネットワークはIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 5.0、NFCに対応。セキュリティ機能は、指紋認証とフェイスアンロックを搭載。バッテリーは3,000mAhで、外形寸法はW76.5×D156.5×H6.75mm、重量156g。OSはAndroid 8.1がプリインストールされる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社: https://www.motorola.co.jp/

totop