4-Wayマルチグラフィックス対応のIntel Z390マザー、ASUS「WS Z390 PRO」

2018.10.11 18:00 更新

2018.10.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer(本社:台湾)は2018年10月11日、Intel Z390チップを採用するワークステーションマザーボード「WS Z390 PRO」を発表した。
  • 4-Wayマルチグラフィックス対応のIntel Z390マザー、ASUS「WS Z390 PRO」
  • 4-Wayマルチグラフィックス対応のIntel Z390マザー、ASUS「WS Z390 PRO」

自動チューニング機能「AIオーバークロック」搭載

LGA1151向け最新チップセットIntel Z390を搭載する、ワークステーションマザーボードの新製品。フォームファクタはATXで、第9/8世代のIntel Coreシリーズに対応する。

拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×4(x16、x16/x16、x16/x8/x8、x8/x8/x8/x8)、PCI-Express(x4)×1で、マルチグラフィックスは4-WayまでのNVIDIA SLI/AMD CrossFire Xに対応。またIntel I210-ATとI219-LMによるデュアルギガビットLANを標準装備する。

その他、CPUの耐性と冷却性能を自動で判別して、最適なクロックを探る自動チューニング機能「AIオーバークロック」、メモリのクロストークを69%も低減した「OptiMem II」、メモリが原因の動作不良を解消する「MemOK」、大型のグラフィックスカードを安全に支える「SafeSlot」などの独自機能を備えた。

メモリスロットはDDR4-4266×4、ストレージはM.2×4、U.2×2、SATA3.0(6Gbps)×6、オーディオチップはRealtek「ALC S1220A」で、ディスプレイ出力はDisplayPort×1、HDMI×1を搭載する。

WS_Z390_PRO_1024x768c
  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel X390
  • フォームファクタ:ATX
  • メモリスロット:DDR4-4266×4
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express(x4)×1
  • ストレージ:M.2×4、U.2×2、SATA3.0(6Gbps)×6
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel I210-AT/I219-LM)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(RealtekALC S1220A)
  • リアインターフェイス:USB3.1 Gen.2×6(Type-A×5/Type-C×1)、USB2.0×4、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、ギガビットLAN×2、HDMI×1、DisplayPort×1
  • 外形寸法:305×244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer: http://www.asus.com/

totop