最大168時間駆動のMIL規格対応スマートウォッチ、Samsung「Galaxy Watch」10月下旬発売

2018.10.11 16:00 更新

2018.10.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
サムスン電子ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年10月11日、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠するスマートウォッチ「Galaxy Watch」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。価格はオープンプライスで、10月下旬より発売が開始される。
  • 最大168時間駆動のMIL規格対応スマートウォッチ、Samsung「Galaxy Watch」10月下旬発売
  • 最大168時間駆動のMIL規格対応スマートウォッチ、Samsung「Galaxy Watch」10月下旬発売

ヘルスケアトラッキングやストレス・睡眠マネージメント機能を搭載

Galaxy Watch オープンプライス(10月下旬発売)
46mmモデル(シルバー)/42mmモデル(ミッドナイトブラック)
42mmモデル(ローズゴールド)
https://www.galaxymobile.jp/galaxy-watch/

円形ベゼルを採用するスマートウォッチの新製品。本体サイズは46mmと42mmの2種類で、前者はシルバーのみ、後者はミッドナイトブラックとローズゴールドのカラーバリエーションが用意される。

galaxy_watch_1024x768c galaxy_watch_1024x768d
42mmモデル(ミッドナイトブラック) 42mmモデル(ローズゴールド)

2016年に登場した「Gear S3」シリーズの後継モデルで、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠。さらに46mmサイズなら最長168時間、42mmモデルでも最大約120時間の連続駆動が可能なロングライフバッテリー駆動が特徴だ。

またウォーキング、ランニング、サイクリングなど、最大6つのエクササイズを自動的に検出してサポートする「ガイド機能」や、39種類以上のエクササイズメニュー、心拍数やカロリー、睡眠記録などを測定/記録する「ヘルストラッキング機能」を搭載。さらにユーザーの心拍数などを追跡計測して、平常時や高いストレスを検出した際に、リラックスできる呼吸法をユーザーに提供する「ストレス・睡眠マネージメント機能」が新たに追加されている。

OSはTizen Based Wearable OS 4.0、接続方式はBluetooth 4.2、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、NFC、A-GPS/Glonass、センサーは加速度、ジャイロ、気圧、心拍、環境光を搭載。46mmモデルのサイズは46×49×13mm、重量63g、バッテリー容量472mAh、42mmモデルのサイズは41.9×45.7×12.7mm、重量49g、バッテリー容量270mAh。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
サムスン電子ジャパン株式会社(Galaxyブランド): https://www.galaxymobile.jp/

totop