Intel、8コア16スレッドの「Core i9-9900K」発表。12面ダイス風パッケージで19日発売

2018.10.09 10:37 更新

2018.10.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年10月8日(現地時間)、8コア/16スレッド対応の「Core i9-9900K」など第9世代Coreプロセッサ3製品を発表した。本日より予約が開始され、10月19日に発売される。
  • Intel、8コア16スレッドの「Core i9-9900K」発表。12面ダイス風パッケージで19日発売
  • Intel、8コア16スレッドの「Core i9-9900K」発表。12面ダイス風パッケージで19日発売

メインストリーム初の8コアCPU登場。TIMはソルダリングに回帰

Intel Announces World’s Best Gaming Processor: New 9th Gen Intel Core i9-9900K
https://newsroom.intel.com/news-releases/intel-announces-worlds-best-gaming-processor-new-9th-gen-intel-core-i9-9900k/

Intelより、第9世代のCoreプロセッサIntel Core 9000シリーズが発表された。最大の注目はメインストリーム向け初のCore i9にして、初の8コアCPUとなる最上位モデルの「Core i9-9900K」だ。

“Coffee Lake-S Refresh”の開発コードネームで呼称されるシリーズで、Coffee Lake同様に14nm++プロセスを採用。プラットフォームはLGA1151、チップセットは新たに発表されたIntel Z390(Intel 300シリーズ)に対応する。

Intel-9th-Gen-Core_1024x768c

今回発表されたのは、「Core i9-9900K」(8コア/16スレッド/3.6GHz/TB時5.0GHz/共有スマートキャッシュ16MB)と「Core i7-9700K」(8コア/8スレッド/3.6GHz/TB時4.9GHz/共有スマートキャッシュ12MB)、「Core i5-9600K」(6コア/6スレッド/3.7GHz/TB時4.6GHz/共有スマートキャッシュ12MB)の3モデル。なお、Intel Core 9000シリーズはTIMが従来のグリスからソルダリングに変更されており、熱伝導率向上が期待される。

Intelの発表によれば、Intel Core 9000シリーズは前世代から15%の性能向上を実現、人気ゲームタイトルで最大10%のFPS向上が可能という。Adobe Premiereによる動画編集は最大34%高速化、3年前のシステムとの比較では最大40%の性能向上が謳われている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop