ASRock、「Taichi」や「Phantom Gaming」などZ390マザーボード10モデル一挙投入

2018.10.09 01:01 更新

2018.10.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市) は2018年10月9日、Intel Z390チップを採用するマザーボード計10モデルについて、新規取り扱い開始を発表。順次発売を開始する。
  • ASRock、「Taichi」や「Phantom Gaming」などZ390マザーボード10モデル一挙投入
  • ASRock、「Taichi」や「Phantom Gaming」などZ390マザーボード10モデル一挙投入

ASRock Z390マザーボード最上位「Taichi」シリーズ2モデル

Z390 Taichi Ultimate 市場想定売価税抜39,980円前後(10月9日発売)
Z390 Taichi 市場想定売価税抜33,500円前後(10月9日発売)
https://www.cfd.co.jp/news/2018/10/20181009/

ASRock Z390マザーボードの最上位「Taichi」シリーズからは、AQUANTIA 10ギガビットLANや1.73Gbpsの高速無線LANなどを搭載する「Z390 Taichi Ultimate」と、それらを省略した「Z390 Taichi」の2モデルがラインナップ。

z390taichi_003_1024x768 z390taichi_005_1024x768
Z390 Taichi Ultimate Z390 Taichi

いずれも電源回路にはIR製デジタルPWMによる12フェーズ回路を搭載し、最新ライティング機能「Polychrome RGB」に対応。またIntelチップによるデュアルギガビットLANや、M.2 SSD用のフルカバーヒートシンク、幅広いBCLK設定を可能にする「Hyper BCLK Engine II」などを搭載する。

なお「Z390 Taichi」については、詳細レビューを公開しているので、そちらも合わせて参照いただきたい。

新ゲーミング「Phantom」シリーズは計4モデル

Z390 Phantom Gaming 9 市場想定売価税抜35,980円前後(10月19日発売)
Z390 Phantom Gaming 6 市場想定売価税抜24,980円前後(10月19日発売)
Z390 Phantom Gaming 4 市場想定売価税抜16,600円前後(10月9日発売)
Z390 Phantom Gaming-ITX/ac 市場想定売価税抜25,800円前後(10月9日発売)
https://www.cfd.co.jp/news/2018/10/20181009/

これまでゲーミングマザーボードとして、「Fatal1ty Gaming」シリーズを展開していたASRock。Z390マザーボードからは、グラフィックスカードに合わせて新たに「Phantom Gaming」シリーズを導入する。

003_Z390_Phantom Gaming_9_1024x768a 004_Z390_Phantom Gaming_9_1024x768b
Z390 Phantom Gaming 9

「Z390 Phantom Gaming 9」は、2.5ギガビットLANや1.73Gbpsのワイヤレスカードを搭載するATXフォームファクタのハイエンドモデル。電源回路はIR製デジタルPWMによる12フェーズ回路で、IntelチップによるデュアルギガビットLANや、NVMe SSD用のフルカバーヒートシンク、幅広いBCLK設定を可能にする「Hyper BCLK Engine II」、「Polychrome RGB」などを搭載する。

005_Z390_Phantom_Gaming_6_1024x768 006_Z390_Phantom_Gaming_4_1024x768
Z390 Phantom Gaming 6 Z390 Phantom Gaming 4

「Z390 Phantom Gaming 6」は、2.5ギガビットLANとIntelチップによるギガビットLANを搭載するATXフォームファクタのミドルレンジモデル。電源回路はデジタルPWMによる12フェーズ回路で、NVMe SSD用のフルカバーヒートシンクや「Polychrome RGB」などを搭載する。

「Z390 Phantom Gaming 4」は、ATXフォームファクタのエントリーモデル。電源回路は10フェーズ回路で、Intel製ギガビットLANや「Polychrome RGB」などを搭載する。

007_Z390_Phantom_Gaming-ITX_ac_1024x768a 008_Z390_Phantom_Gaming-ITX_ac_1024x768a
Z390 Phantom Gaming-ITX/ac

「Z390 Phantom Gaming-ITX/ac」は、「Phantom Gaming」シリーズ唯一のMini-ITXフォームファクタモデル。ネットワークはIntelギガビットLANと1.73Gbpsのワイヤレスカードを搭載。さらにThunderbolt 3ポートやNVMe SSD用のフルカバーヒートシンク、「Polychrome RGB」などを搭載する。

スタンダード向けはATX 2種、MicroATX 1種、Mini-ITX 1種の計4モデル

Z390 Extreme4 市場想定売価税抜23,800円前後(10月9日発売)
Z390 Pro4 市場想定売価税抜15,980円前後(10月9日発売)
Z390M Pro4 市場想定売価税抜15,980円前後(10月9日発売)
Z390M-ITX/ac 市場想定売価税抜18,500円前後(10月9日発売)
https://www.cfd.co.jp/news/2018/10/20181009/
009_Z390_Extreme4_1024x768 010_Z390_Pro4_1024x768a
Z390 Extreme4 Z390 Pro4

「Z390 Extreme4」は、ATXフォームファクタに対応するスタンダード向け上位モデル。電源回路はデジタルPWMによる12フェーズ回路で、ネットワークはIntel製ギガビットLANを搭載。またNVMe SSD用のフルカバーヒートシンクや「Polychrome RGB」などを搭載する。

「Z390 Pro4」は、ATXフォームファクタに対応するスタンダード向け下位モデル。電源回路は10フェーズ回路で、ネットワークはIntel製ギガビットLANを搭載する。

011_Z390M_Pro4_1024x768a 012_Z390M-ITX_ac_1024x768
Z390M Pro4 Z390M-ITX/ac

「Z390M Pro4」は、「Z390M Pro4」をベースに拡張スロットを減らしたMicroATXフォームファクタモデル。こちらも電源回路は10フェーズ回路で、ネットワークはIntel製ギガビットLANを搭載する。

「Z390M-ITX/ac」は、Mini-ITXフォームファクタに対応するスタンダードモデル。電源回路は6フェーズ回路で、ネットワークはIntel製デュアルギガビットLANとIEEE 802.11ac無線LANを搭載する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/

totop