高い拡張性と冷却性能を兼ね備えたMini-ITXケース、RAIJINTEK「OPHION EVO」

2018.09.14 10:51 更新

2018.09.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
RAIJINTEK Corporation(本社:台湾)は2018年9月13日(現地時間)、Mini-ITXフォームファクタに対応する新型PCケース「OPHION EVO」(型番:0R20B00098)を発表した。
  • 高い拡張性と冷却性能を兼ね備えたMini-ITXケース、RAIJINTEK「OPHION EVO」
  • 高い拡張性と冷却性能を兼ね備えたMini-ITXケース、RAIJINTEK「OPHION EVO」

外装には強化ガラスとアルミニウムパネルを採用

コンパクトゲーミングPCに最適な、高い拡張性と冷却性能を兼ね備えたMini-ITXケースがRAIJINTEKからリリースされた。「COMPUTEX TAIPEI 2018」で初披露された製品で、今回アナウンスされたのはトップに240mmまでのラジエターを搭載できる水冷対応モデル「OPHION EVO」だ。

ophion_07_1024x768
「COMPUTEX TAIPEI 2018」では、空冷に対応する「OPHION」も展示されていた

両サイドには3mm厚の強化ガラスを、フロントにはアルミニウムパネルを採用するスタイリッシュなPCケースで、トップやボトム、リア、中央のマザーボードトレイにはハニカム構造の通気孔を多数搭載。またボトムからトップへ向かう効率的なエアフローによって、優れた冷却性能を発揮するという。

ophionevo_480x360c

また330mmまでのグラフィックスカードや、最大4台まで対応するドライブベイ(2.5インチ×4または2.5インチ×2+3.5インチ×1)、一般的なATX電源ユニットへの対応など、拡張性にも配慮されており、コンパクトながら高性能なゲーミングPCを構築することができる。

ophionevo_480x360d ophionevo_480x360e

冷却ファンはトップ120mm×2、ボトム120mm×1、I/OポートはUSB3.0×1、USB Type-C×1、拡張スロットは2段で、CPUクーラーは全高90mmまで対応。シャシー素材は0.8mm厚のSPCCで、外形寸法はW174×D375×H290mm、重量3.56kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Raijintek Co Ltd: http://www.raijintek.com/

totop