AMD、Vegaグラフィックスを内蔵するTDP35Wの省電力CPU「Athlon 200GE」を発表

2018.09.06 22:00 更新

2018.09.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2018年9月6日、「Zen」アーキテクチャを採用する省電力CPUの「Athlon 200GE」やエンタープライズ向け第2世代「Ryzen PRO」シリーズを発表した。
  • AMD、Vegaグラフィックスを内蔵するTDP35Wの省電力CPU「Athlon 200GE」を発表
  • AMD、Vegaグラフィックスを内蔵するTDP35Wの省電力CPU「Athlon 200GE」を発表

ワットパフォーマンスに優れる「Zen」ベースの省電力CPUシリーズ

AMD ReimaginesEveryday Computing withNew “Zen” BasedAthlon Desktop Processors, ExpandsCommercial Client Portfolio with 2ndGeneration Ryzen PRO Desktop Processors
http://www.amd.com/

AMDより、「Zen」アーキテクチャを採用した「Athlon」シリーズの省電力CPU「Athlon 200GE」が発表された。

Radeon Vegaグラフィックスを内蔵した14nmプロセスのCPUで、TDP35Wで動作する。TDP同等の旧世代APUに比べ大幅に性能が向上したほか、TDP50W級の競合CPUとの比較でも最大19%高速な点など、ワットパフォーマンスの高さがアピールされている。

Athlon_200GE_1024x555

主な仕様は、2コア/4スレッドを内蔵し、動作クロックが3.2GHz、グラフィックスコアはCompute Units 3基を内蔵する。CPUソケットはSocket AM4で、DDR4メモリ、NVMeストレージ、4Kディスプレイ、USB3.1 Gen2をサポート。市場想定売価は55ドルで、9月18日より出荷が開始される見込みだ。

なお、「Zen」ベースのAthlonシリーズとして「Athlon 220GE」と「Athlon 240GE」もラインナップ。こちらは2018年第4四半期の出荷開始に合わせ、仕様が公開される。

Ryzen7_PRO_2700X_1024x576

また、同時に「AMD GuardMI technology」を搭載したデスクトップ向けエンタープライズCPU「Ryzen PRO」の第2世代シリーズも発表された。エンタープライズ市場や公共機関への提供を想定し、通常のRyzenプロセッサに比べセキュリティ性能を強化。前世代に比べ、マルチコア性能が10%向上しているという。

最上位の「Ryzen 7 PRO 2700X」(8コア/16スレッド/3.6GHz/最大4.1GHz/TDP95W)のほか、「Ryzen 7 PRO 2700」(8コア/16スレッド/3.2GHz/最大4.1GHz/65W)、「Ryzen 5 PRO 2600」(6コア/12スレッド/3.4GHz/最大3.9GHz/65W)の合計3モデルに加え、Athlonシリーズの「Athlon PRO 200GE」(2コア/4スレッド/3.2GHz/TDP35W)をラインナップする。

なお、すでにDellやHP、Lenovoなど主要なOEMメーカーへの出荷が開始されている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
AMD: http://www.amd.com/

totop