デュアル4K表示可能なCoffee Lake対応コンパクトベア、Shuttle「XH310」シリーズ

2018.08.24 12:25 更新

2018.08.24 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Shuttle(本社:台湾)は2018年8月23日(現地時間)、3リットルサイズの小型筐体を採用するCoffee Lake対応コンパクトベアボーンキット「XH310」シリーズ計2モデルを発表した。
  • デュアル4K表示可能なCoffee Lake対応コンパクトベア、Shuttle「XH310」シリーズ
  • デュアル4K表示可能なCoffee Lake対応コンパクトベア、Shuttle「XH310」シリーズ

3リットルの小型筐体を採用するベアボーンキット

Coffee Lake対応のエントリーチップセットIntel H310を採用するベアボーンキット。3リットルサイズの小型筐体を採用し、フロントカバーを備える「XH310V」と非搭載の「XH310」の2モデルがラインナップされる。

XH310_500x375b XH310_500x375c
XH310

ディスプレイ出力はHDMI2.0×1、DisplayPort×1、D-Sub×1の3系統を備え、4K解像度のデュアルディスプレイ表示に対応。またIntel i211チップによるデュアルギガビットLANを備え、ビジネス用途のほか、デジタルサイネージやキオスクなどの端末にも向く。

XH310V_500x375b XH310V_500x375c
XH310V

主なスペックはメモリスロットがDDR4-SODIMM×2(2666MHz/最大32GB)、ストレージは2.5インチドライブベイ×1、スリム光学ドライブ×1(オプションパーツで2.5インチドライブにも対応)、M.2×1。拡張スロットはM.2 2230を備える。

インターフェイスはフロントがUSB2.0×2、USB3.1 Gen.1×2、マイク×1、イヤフォンジャック×1、リアがギガビットLAN×2、DisplayPort×1、HDMI×1、D-Sub×1、USB2.0×2、USB3.1 Gen.1×2、RS-232×1、RS-232/422/485×1、オーディオ端子×3。電源は90W ACアダプタ駆動で、CPUはTDP65Wまで。本体サイズは「XH310V」がW200×L240×H72mm、「XH310」がW200×L238×H72mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Shuttle: http://www.shuttle.com/

totop