第2世代Ryzen対応の下位チップセット「AMD B450」が正式発表

2018.07.31 22:00 更新

2018.07.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2018年7月31日、第2世代Ryzenに対応するエントリー・ミドルレンジ向けチップセット「AMD B450」を発表した。
  • 第2世代Ryzen対応の下位チップセット「AMD B450」が正式発表

エントリー・ミドル層向けの「AMD B350」後継チップ。搭載マザーはコスパ重視

日本時間7月31日22:00、AMDプラットフォームの最新チップセット「AMD B450」が発表された。“Pinnacle Ridge”こと第2世代Ryzenプロセッサに対応するエントリー・ミドルレンジ向けのチップセットで、「ADM B350」の後継にあたる。CPUソケットはSocket AM4だ。

b450tom_18_1024x768

チップセットの基本スペックはAMD B350とほぼ同等ながら、新世代の「AMD X470」で追加された新機能に対応。自動オーバークロック機能の「XFR2 Enhanced」や「Presicion Boost Over Drive」、さらにHDDとSSDを連動させるストレージ高速化技術「AMD StoreMI」が標準で利用できる。また、CPUの倍率アンロックによるオーバークロックに対応する。

上位チップセットAMD X470との性能差については、X370とB350の差を引き継ぐ。PCI-Express2.0レーン数やSATA3.0(6Gbps)ポート、USB3.1ポート数に差があるほか、PCI-Express3.0のレーン分割に対応しないためSLIはサポートしない。

2018_comp0607_0_asrockMB_03 2018_comp0607_0_asrockMB_01
正式発表に先立ち、6月開催の「COMPUTEX TAIPEI 2018」では搭載モデルの展示も行われていた

なお、発表と同時にAMD B450搭載マザーボードの販売が解禁。アキバでもパーツショップ各店にて“やや深夜販売”が始まっている。搭載製品としては低価格なモデルが中心になるほか、AMD X470では少なかったMicroATXやMini-ITXモデルが複数ラインナップされる模様。“やや深夜販売”の模様については、追ってレポートする予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
AMD: http://www.amd.com/

totop