オンキヨー、“会津桐”を採用する「桐ヘッドホン」税抜30万円で発売

2018.07.31 16:00 更新

2018.07.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
オンキヨー&パイオニア株式会社(本社:東京都墨田区)は2018年7月31日、ハウジングに“会津桐”を採用したヘッドホン「桐ヘッドホン」を発表した。クラウドファンディング“未来ショッピング”で先行販売が実施され、募集期間は8月1日(水)~9月30日(日)。数量は15セットで、価格は税抜300,000円。
  • オンキヨー、“会津桐”を採用する「桐ヘッドホン」税抜30万円で発売
  • オンキヨー、“会津桐”を採用する「桐ヘッドホン」税抜30万円で発売

世界初、100%セルロースナノファイバー振動板を採用

桐ヘッドホン 販売価格税抜300,000円(募集期間8月1日(水)~9月30日(日))
http://www.jp.onkyo.com/news/information/topics/20180731_kiri_headphone/index.htm

オンキヨー&パイオニアは、“桐”を採用するヘッドホン「桐ヘッドホン」を発表。クラウドファンディング“未来ショッピング”で先行販売を開始する。

ハウジングは高級和楽器に用いられる会津桐で、和楽器の内部に施される「綾杉彫り」
を施すことで、ハウジング内部の定在波を防ぎ、桐素材の響き活かすことができる。

kiri_headphone_800x600c kiri_headphone_800x600d

また世界初となる自然素材由来の100%セルロースナノファイバー振動板を使用したφ50mmドライバを搭載。さらにベース部分には剛性の高いマグネシウム合金を組み合わせることで、ドライバの振動による不要な共振を最小限に抑制し、クリアで締まりのある低音と音源に忠実な空間描写を実現した。

主なスペックは出力音圧レベル99dB、再生周波数帯域10Hz~80,000Hz、最大入力1,000mW、インピーダンス40Ω、本体接続プラグはφ3.5mm3極ミニプラグ。重量は400gで、1.6mバランスコード、3.0mアンバランスコード、φ6.3mmステレオ標準プラグアダプタが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
オンキヨー&パイオニア株式会社: http://www.jp.onkyo.com/

totop