アイネックス、最大4K/60Hz表示に対応する3系統のHDMI切替器「MSW-01」

2018.07.27 13:30 更新

2018.07.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:東京都西東京市)は2018年7月26日、3台のHDMI機器を切り替えられるHDMI切替器「MSW-01」を発表した。8月7日より販売が開始される。
  • アイネックス、最大4K/60Hz表示に対応する3系統のHDMI切替器「MSW-01」

ケーブル差し替えなしにHDMIポートを共有できる3系統切替器

MSW-01 市場想定売価税抜3,280~3,400円(8月7日発売予定)
http://www.ainex.jp/products/msw-01/

3台のHDMI機器をディスプレイに接続、切り替えて使用できるHDMI切替器の新製品がアイネックスからリリース。PCやHDDレコーダー、ゲーム機などを接続、HDMIポートが不足している環境でもケーブルを差し替えることなく使用できる。なおゲーム機は、Nintendo SwitchやPlayStation 4/3での動作を確認済み。

解像度は2,160p/1,080p/720p/480p、最大4K(2,160p)/60Hzに対応する。HDCP 2.2や3Dテレビ環境に対応するほか、4:4:4のDeep Color表示をサポート、最大転送レートは18Gbps。音声フォーマットは、DTSデジタルやドルビーデジタルのサラウンドに対応している。

コネクタは、入力側がHDMIメス端子×3、出力側はHDMIメス端子×1(それぞれType-A 19pin)を搭載。接続機器が起動すると自動で表示が切替わる自動切り替えに加え、手動スイッチ切り替えに対応。特殊仕様のHDMI+USB給電ケーブルが付属、USB給電で安定して動作する。外形寸法はW90×D55×H20mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop