DisplayPortをDVIに変換するアクティブケーブル、アイネックス「AMC-DPDVI20」

2018.07.24 20:00 更新

2018.07.24 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:東京都西東京市)は2018年7月20日、2K@60Hzの高解像度表示に対応するDisplayPort-DVI変換ケーブル「AMC-DPDVI20」を発表した。製品の出荷は7月24日より開始され、市場想定売価は税抜2,980円~3,310円。
  • DisplayPortをDVIに変換するアクティブケーブル、アイネックス「AMC-DPDVI20」

ツイストペアケーブルと3重シールドでノイズを軽減

AMC-DPDVI20 市場想定売価税抜2,980円~3,310円(7月24日出荷開始)
http://www.ainex.jp/products/amc-dpdvi20/

DisplayPortをDVIに変換するケーブル。ディスプレイ信号を変換するアクティブタイプのため、デュアルモード非対応の機器でも使用することができる。

ケーブルには、周囲のノイズを軽減するため3重シールド構造とツイストペアケーブルを採用。またDisplayPortコネクタにはラッチが搭載され、ケーブルをしっかりと固定することができる。

対応解像度は最高2K@60Hz、コネクタ形状はPC側がDisplayPortオス、ディスプレイ側がDVI-Dオス、ケーブル長は約2m。なおDVI出力からDisplayPort出力への変換には非対応となる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop