アイネックス、わずか18cmの“ショートミッキー”などACアダプタ用電源ケーブル2製品発売

2018.07.23 12:44 更新

2018.07.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:東京都西東京市)は2018年7月20日、ミッキー型コネクタ搭載のACアダプタ用電源ケーブル「ACP-C5018」「ACP-C5180」を発表した。いずれも7月24日より出荷が開始される。

ミッキー型コネクタのACアダプタに対応する、長短2種の電源ケーブル

ACP-C5018(0.18m) 市場想定売価税抜520~580円(7月24日発売)
http://www.ainex.jp/products/acp-c5018/
ACP-C5180(1.8m) 市場想定売価税抜800~890円(7月24日発売)
http://www.ainex.jp/products/acp-c5180/

PCや周辺機器などのACアダプタとコンセントを接続する、ACアダプタ用電源ケーブルの新製品がアイネックスから発売。ケーブル長18cm(0.18m)と短いショートタイプの「ACP-C5018」と、ロングモデル「ACP-C5180」の2モデルをラインナップする。

ACアダプタ側は、デルやHPなどのノートPCで採用されている、いわゆる“ミッキー型”のC5コネクタ(3pin)を搭載。標準的なストレートコネクタが使われている。

また、ケーブルは一般的な製品よりも細めの平型ケーブルのため、取り回しが容易。なお、18cmの「ACP-C5018」の場合は、電源タップ付近で使う場合など、特に配線周りをスッキリさせたい向きにオススメだ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop