Antec、ASUS「Aura Sync」対応のオールインワン水冷「Mercury RGB」シリーズ発売

2018.07.23 11:19 更新

2018.07.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2018年7月23日、ASUS「Aura Sync」に対応するオールインワン水冷ユニット「Mercury RGB」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。ラジエターサイズは120mm、240mm、360mmの3種類で、7月28日より発売が開始される。
  • Antec、ASUS「Aura Sync」対応のオールインワン水冷「Mercury RGB」シリーズ発売
  • Antec、ASUS「Aura Sync」対応のオールインワン水冷「Mercury RGB」シリーズ発売

イルミネーションを制御する専用RGBコントローラも付属

Mercury RGBシリーズ(7月28日発売)
Mercury120 RGB 市場想定売価税込10,480円
Mercury240 RGB 市場想定売価税込14,480円
Mercury360 RGB 市場想定売価税込17,480円
http://www.links.co.jp/item/mercury-rgb/

Antecブランドから、オールインワン水冷ユニットの新作「Mercury RGB」シリーズ計3モデルがデビュー。7月28により国内販売が開始される。

以前詳細検証をお届けした「Mercury」シリーズの流れをくむ製品で、ウォーターブロックと120mmサイズの冷却ファンにはRGB LED機能を搭載。ASUS「Aura Sync」を始めとする、+12V 4pin RGBピンヘッダ搭載マザーボードや専用コントローラによるライティングコントロールに対応する。

またポンプユニットには流量3.5L/minの高出力ポンプを搭載。CPUの熱をすばやくラジエターに移動し、放熱が可能。さらに回転抵抗の小さいグラファイトベアリングと、堅牢なセラミックシャフトを組み合わせることで約50,000時間という高い耐久性を実現した。

Mercury_RGB_800x600a Mercury_RGB_800x600b

冷却ファンのスペックは回転数が900~1,800rpm±10%、風量最大73.31CFM、静圧最大2.25mmH2O、ノイズレベル最高36dBA。ベースブロックの材質は銅、チューブはPTEF(布巻)、ラジエターはアルミニウムで、製品保証は5年間。

Mercury_RGB-M120_1024x768a Mercury_RGB-M360_1024x768a
Mercury120 RGB  Mercury360 RGB 

ラジエターサイズは「Mercury120 RGB」が154×119×27mm、本体重量約750g、「Mercury240 RGB」が274×119×27mm、約925g、「Mercury360 RGB」が394×119×27mm、約1,035g。対応プラットフォームはIntel LGA2066/2011/1366/1156/1155/1151/1150/775、AMD Socket TR4/AM2/AM2+/AM3/AM3+/AM4/FM2。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/
Antec: http://www.antec.com/

totop