液体冷却DDR4メモリ、ADATA「XPG SPECTRIX D80」の国内発売と予価がアナウンス

2018.07.13 10:56 更新

2018.07.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
エイデータテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年7月13日、液体冷却RGB LEDを搭載するDDR4メモリ「XPG SPECTRIX D80」について、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。発売日は7月14日で、3モデルがラインナップする。
  • 液体冷却DDR4メモリ、ADATA「XPG SPECTRIX D80」の国内発売と予価がアナウンス
  • 液体冷却DDR4メモリ、ADATA「XPG SPECTRIX D80」の国内発売と予価がアナウンス

メモリ版簡易水冷とRGBイルミネーション機能を搭載するDDR4メモリ

XPG SPECTRIX D80(7月14日発売)
DDR4-3600(AX4U360038G17-DR80) 市場想定売価税込31,980円
DDR4-3200(AX4U320038G16-DR80) 市場想定売価税込29,980円
DDR4-3000(AX4U300038G16-DR80) 市場想定売価税込27,980円
http://www.adata.com/jp/aa/newslist/2/2018/1/1673/
http://www.xpg.com/jp/feature/553

4月26日付けグローバルリリース、および「COMPUTEX TAIPEI 2018」ブースレポートで既報の液体冷却DDR4メモリがいよいよ国内市場に投入される。ラインナップは3モデルで、容量は8GBx2枚セットの16GB。

XPG_SPECTRIX_D80_1024x500

ゲーマーおよびパワーユーザーをターゲットに企画された「XPG SPECTRIX D80」は、トップ部にクーラント液を封入した液体冷却を採用。メーカー自ら”簡易水冷”と位置付け、メンテナンスや特別なスキルは不要。ユーザーを選ばずに導入ができる。

またRGB LEDイルミネーション機能を搭載。Windows用設定ソフトウェア「XPG RGB Sync App」を使用する事で、発光色や発光アクションが選択できる。なおASRock、ASUS、GIGABYTE、MSI各社のイルミネーションソフトへの対応も謳う。LED搭載数は10個。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
エイデータテクノロジージャパン株式会社: http://www.adata.com/jp/

totop